健康的で美しい歯をご提供する審美治療

審美治療とは、むし歯や歯周病といった病気の治癒を目的とした歯科治療ではなく、健康的で美しい歯をご提供する治療です。

歯にコンプレックスがあって「人と話すのが苦手」になったり、「楽しいのに口を開けて思い切り笑えない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

審美治療の果たす役割は、相手に与える印象を変えたり、詰め物を相手から見えなくしたりと、見た目のケアをすることで、普段の生活が楽しくなるような心のケアをすることなのです。

詰め物の選択や交換による審美治療

詰め物の選択や交換自歯の黄バミや変色を美しくするには、ホワイトニングという方法があります。しかし、以前の治療で使った詰め物の変色や、金属の詰め物が目立ってしまうことなどは、ホワイトニングでは解決できません。

補綴物の色が気になるケースとしては、歯と歯茎の隙間の黒ずみや、クラウン(差し歯)の色調が周囲の歯と合っていないといったことが挙げられますが、これらは、補綴物の素材を選び、やりかえることによって、好みの白さや、お口全体の色調に合わせることが出来ます。

審美治療の一番の人気メニューはオールセラミックです

オールセラミック審美治療に用いられる素材は数々ありますが、一番人気が高いのは「オールセラミック」です。全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)で、全く変色がなく、天然歯と見分けがつかないほどの自然観があります。

また、金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がなく、歯や歯肉が黒ずむこともありません。色や形も選べますし、光の透過性にも優れ、審美性の高い素材です。

保険診療との違いは?

保険が効く「白いかぶせ物」もありますが、割れやすく変色したり、色調の再現性が低いなど欠点が多いのが実情です。 このため近年は、女性の方を中心に、セラミックのきれいな被せ物を装着される方が増えています。


他医院とはココが違う!

院内に専任の技工士がいる当院が提供する技工物は、歯に対するフィット感が他とは違います。

また、色に関しても、患者さまのチェアサイドで、実際に制作する技工士と色合わせをすることも可能ですし、ちょっとした色調の違いも、すぐにチェックすることができるので、周囲の歯にぴったりマッチするものが出来上がります。

医師である私自身も、精密な印象をとることで、技工士が後からの調整が不要な技工物を制作できるように努めています。また、院内制作による時間の短縮が、発注からセットまでの時間を短くすることにもつながり、狂いのない技工物を提案することができています

保証期間は7年が目安です

保証期間は7年が目安ですオールセラミックは、金属の代わりに特殊な強化セラミックを使用する最先端の治療です。金属を使用しないため、光の透過も自然でもっとも天然歯に近いと言えます。

保険適応外なので、治療費は多少高額になってしまいますが、金属とほぼ同様の耐久性がありますので、普通に使用している分には大変長持ちします。さらに当院では、オールセラミックには通常で7年間の保障期間を設けています。(最低半年ごとの定期健診を受けていただくことが条件となります)

また、保険適用の白い技工物や、他の素材も数多くご用意できますので、ご希望や予算も考慮してお選びいただけます。詳細は、ご遠慮なく当院までお問い合わせください。


審美治療に関する質問

審美治療とは、歯科的機能回復(良く噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(美しく白い歯・綺麗な歯並び)を受けることで、最初うつむき加減だった患者さまが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。
「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちの方、ぜひ一度ご相談ください。

治療する歯の本数、内容によってかなり異なります。単純にかぶせるだけなら最短2回ですが、より綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、なるべく治療期間、回数を減らすように努力しておりますが、詳しくは診断後の判断になります。

歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えています。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限におさえた費用をご提示いたします。
またクレジットカードのお支払や、分割払いのデンタルローンも可能です。

歯科診療は保険診療と自費診療に分けられるのですが、審美治療は、使用する材質によって保険の適用外になります。しかし、保険が適用されるレジンや金属より、保険外ではあってもセラミックの方が美しく耐久性があります。


セラミック治療に関する質問

銀歯の詰め物を一度はずし、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

セラミックとは陶材のことで、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収が無いため、変色せず、歯を白く 保つことが可能です。また、セラミックの最大の特長は、他の素材に比べて天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。
もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えなら、セラミック治療をお勧めいたします。

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程度で歯と歯の隙間を治すことができます。
とはいえ、剥がれる危険性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

セラミックは天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので問題ありません。被せ物や詰め物に使用可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属をきらい、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯を求められる方が増えてきています。

セラミッククラウン・セラミックインレー・レジンなどの素材は金属製ではないため、金属アレルギーの方も安心して治療できます。当院では、患者さまがどの金属にアレルギーを持っているかを大学病院に依頼して分析し、症状やご希望に合わせた最適な素材を選択します。

オールセラミッククラウンなら、黒くなることはありません。さらに、土台を金属製ではなくファイバーコアにすることで、歯ぐきとの境目も黒くなりません。
なお、どちらも金属を使用しないため、金属アレルギー体質の方でも安心して使用できます。

歯の被せ物を外したり削った後は、仮の歯を入れます。
普段の生活には支障はありませんのでご安心ください。また、装着した仮の歯を参考に最終的な歯の形態をご相談しながら決定します。