インプラントのケアの仕方は??

こんにちは、歯科衛生士の川崎です。
8月入り夏本番になりましたね。
さて、今回はインプラントのケアについてお話しします。
入れ歯よりもブリッジよりも、しっかり噛めるインプラント。
歯を失ってしまった方の中には、
検討されている方も多いのではないでしょうか。
インプラントはチタンなどの金属でできており、虫歯にはなりません。
なので、治療後の歯の管理は天然の歯に比べて簡単なように思えますが、
だからといって、ブラッシングを怠ると、
インプラントのまわりの粘膜に炎症が起きてしまい、
最終的にはインプラント周囲炎という
インプラントの歯周病になってしまいます。
インプラント周囲炎で歯茎の状態が悪くなってしまうと、
インプラントの部分だけでなく、周りの歯にも影響が出てきます
そのため、毎日のケアが必要になってくるのです。
しかし、インプラントのお手入れと言ってもそんなに難しいものではありません。
天然の歯を磨くようにブラッシングするのが1番大切です。
インプラントは、被せ物と歯茎との境目が
一番磨き残しが多い所なので
その部分の汚れを落とすのを意識して、小刻みに丁寧に磨いて下さい。

ただし、力一杯上下に動かして磨くのは辞めて下さい。
いつものように物を食べたり出来るといっても
歯茎と密着する力は天然の歯よりも劣ってしまうので
このような磨き方をすると歯茎が腫れてしまう原因になります。
そして、歯磨き粉は研磨剤が入っていない物を使用して下さい。
研磨剤が入っているとインプラントを傷つけてしまう危険性があります。
また、歯ブラシの他に使用して頂きたい物があります。
それはフロスや、歯間ブラシです。
すき間の汚れもしっかりと掻き出し、清潔に保っていただきたいのです。
しかし、フロスや歯間ブラシは、誤った使用方法をすると
歯茎に傷をつける原因になりますので
サイズや使い方等が分からなければ歯科医師や歯科衛生士にご相談して下さい。
インプラントを長持ちさせるためには
正しいブラッシング法で歯磨きをすることが1番大切です。
また、かみ合わせの調整やネジのしまり具合などの点検が必要なので、
定期的に健診を受けることをおすすめします。
まだまだ暑い日が続きますね。
先日家の冷蔵庫が壊れて中にあったアイスもとけてしまいました。
急に暑さが増して冷蔵庫も夏バテしてしまったようです。
皆さんも体調管理には気をつけてくださいね!
お口の中の健康は当院にお任せ下さい。
虫歯もゼロにして夏を楽しみましょう!
歯科衛生士 川﨑
長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院