今年もよろしくお願いいたします!

あけましておめでとうございます!
皆様におかれましては、すこやかな新年をお迎えになられたと存じます。

長谷川歯科医院は祖父、父から引き継ぎ、私の代となって26回目の新年を迎えることとなりました。
昨年は新型コロナウイルス蔓延の中ではございましたが、充実した一年を過ごすことができました。
それは患者様を始めスタッフ、関係業者の人たちの協力や支えがあってのことと深く感謝しております。

20年以上前になりますが、開業後しばらくして、毎日多くの患者様を治療する中で、
予防に注意すれば、また予防の知識があればここまでひどい状態にはならなかったはずだ、ということを強く感じました。
患者様ご自身も改めて自分の歯の状態を知ると「きちんと歯磨きをして、しっかり予防すればよかった」と後悔されます。
また、残念なことに当時、此花区は、児童の1人平均虫歯経験数が市内でもワースト上位の常連でした。

このようなことを踏まえ、患者様の歯の悩みを少しでも軽くしてあげたいと治療に取り組む一方、
虫歯や歯周病予防がいかに大切かを痛感させられました。

当医院では、子供の頃から虫歯にならないような習慣をつけ、
小児も成人も定期的な歯のチェックと歯石や思考を取り除くなどのメンテナンスを行っております。
治療後も患者様一人ひとりの状態に合わせたプログラムを作り
治療した歯ができるだけ長く保てるようにアドバイスし長期にわたるサポートをしております。

また、近年 歯周病菌が全身の病気を引き起すことも多くの研究でわかっています。
お口の中の健康が全身の健康をもたらすという事です!

私たち歯科医療従事者が一丸となって予防歯科を推進していったなら、
寝たきりにならない日本の健康寿命は必ず伸びます。
それは歯科業界に係る人々だからこそできる一番の社会貢献の形だと思っています。

今年 長谷川歯科は、今迄も取り組んで参りました、高齢化に向けた訪問診療と0才からの口腔育成に向け、
歯科医師、歯科衛生士は、もちろんのこと、管理栄養士7名、保育士8名、看護師1名の新たな体制で
患者様の健康をサポートを強化して参ります。

今後もお口にまつわる健康についてはお気軽にお声がけください。

院長 長谷川昌徳