しっかり噛んで認知症予防!

こんにちは。
歯科医師の豊田です。

年の瀬もいよいよ押し詰まり、サンタクロースの鈴の音が聞こえてきそうな時期になってきましたね。
寒さも身にしみるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は歯科のちょっとした豆知識をお話したいと思います。
普段から良く噛むと頭が良くなるとか
良く噛むと認知症の予防になるという話をたまに耳にすると思います。

このことに関連したお話なのですが、
認知症になりやすい人かどうかは耳の穴を見れば分かりやすいそうです。
耳の穴の中が汚れている人程認知症になりやすいという事が
イギリスの家庭医学書にも書かれています。

何故なのか簡単に理由を説明させて頂きますと
ご自分の耳の穴に指先を入れた状態で顎を動かすと
指先に顎が動いた感覚が伝わってくると思います。

良く噛んでいる人は良く顎の関節が動くので
耳の垢が自然に剥がれ落ちやすくなるという原理ですね。

お食事をされるときは
顎をしっかり動かす事をしっかり意識してみてもらえると
このような認知症予防にも繋がりますので
周りのご家族にも小話として良かったら、お話してみて下さいね。

 

また良く噛んだときに少しでも違和感が
あれば長谷川歯科医院までご連絡下さいね。
迅速に対応させて頂きます。

 

また年末年始は12月30日水曜日から1月4日木曜日までが休診日となります。
ご不便をおかけしますが、宜しくお願いいたします。

 

歯科医師 豊田俊恒