欠損補綴について

こんにちは☆アシスタントの植田亜里紗です!
ようやく夏の猛暑がおわり、秋風の気持ちの良い季節になりました!
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?
さて、今回は「欠損補綴について」お話させていただきます。
欠損補綴とは、歯が抜けてしまった場合や、歯を抜く処置をした場合に、歯がなくなってしまった部分を人口の歯で埋めることです。
歯がないままだと、残りの歯がすき間を埋めるように動いてしまったり、噛み合わせた時に反対側に来る歯(上の歯だと下の歯、下の歯だと上の歯)が伸びてきてしまったりして、咬み合わせが悪くなってしまいますので、欠損補綴をする必要があります。
種類は欠損の状態によって異なってきます。
まずは「ブリッジ」です。
IMG_0225.jpg
ブリッジは両隣の歯を削り、欠損部分に架け橋を作る方法です。
固定されるので、歯がある時と噛み心地などは同じです。
ただ、健康な両隣の歯を削ってしまう場合もありますし、噛むときにも
両隣の歯に数本分の力が掛かりますので、歯への負担が大きい治療方法です。
また、欠損部分の補綴には歯と歯茎との間に隙間ができるため、
清掃も困難となり、メンテナンスを怠ってしまうと、歯周病にもなりやすいです。
歯の状態によっては、ブリッジを行うことが出来ない場合もあります。
つぎに「入れ歯」です。
price_a05.jpgprice_e05.jpg
入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。
歯の欠損部分に取り外しのできる、義歯をいれるという方法です。
周りの歯に金具を引っかけるため、健康な歯を少し削ることがあります。
また、健康な両隣の歯に力が掛かってしまいます。
慣れるまで違和感があり、しっかり噛むのは難しいです。
そして「インプラント」です。
IMG_0232.jpg
インプラントは、顎の骨の部分にボルトを埋め込んで、
人口の歯を植えつけるという方法です。
両隣の歯を削ることもありませんので、周りの歯にも優しい治療法です。
また、根元から顎の骨にしっかりと固定されておりますので、
本物の歯と同じようにしっかりと噛めて、より食事を楽しむことができます。
他の方法と比べて、しっかり噛めることで消化もよくなり胃腸に優しいですし、
脳を刺激し脳細胞の減少を防ぐ事が出来ます。
噛むことは認知症などの病気の予防にもなるのです!
実際に、入れ歯なしで咬める人は、総義歯の人に比べて、
健康寿命が10年も長いというデータが厚労省から出ているそうです。
周りの歯にも優しいですし、しっかり噛めて、
お口の中だけでなくて身体にも優しい治療法です
ただ、健康な歯に比べて、インプラントは歯周病になりやすいため、
定期的なメンテナンスを受けて頂くことをお勧めします!
このように歯をなくしてしまっても、補う方法はいくつかありますが、
周りの歯のためにも、心身の健康のためにも、インプラントがオススメです。
また、できるだけ自分の歯を長く使う為に
日頃のお手入れを怠らないことが、何より大切です!
歯を多く残すためにも、お手入れをきちんと行って、
治療が必要になった際は、周りの歯を残していくためにも
周りの歯に影響が少ない治療方法を選んでいきたいですね。
治療に関して何か気になることがございましたら、
スタッフや衛生士になんでもお気軽にお尋ねください♪
受付・アシスタント
植田亜里紗
長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院