口と全身との関係

こんにちは!
歯科医師の平川です。
お口と全身の病気の関係について
みなさんはどの程度ご存知ですか?
お口と関係があるといわれている
全身の病気がいくつかあるのでご紹介致します。
ほとんどは、
現在日本人が一番多く罹患している
歯周病が関係しています。
blog_hirakawa.gif
(クリックで拡大します)
こちらの中からいくつかご紹介します。
まずは糖尿病です。
糖尿病の方は歯周病になりやすい
あるいは歯周病から糖尿病になるリスクがある
ということがわかっています。
歯周病のコントロールを行うことで、
糖尿病の指標の値である
NGSP(HbA1C)が下がることもあります。
次に高齢者の死因 第3位の肺炎です。
高齢になると飲み込む力、吐き出す力が低下するため、
誤嚥のリスクが高まり
誤嚥性肺炎にかかりやすくなります。
原因にお口の中の細菌が関与していることが多いため、
口腔ケアが重要になります。
また心臓にお口の中の細菌が感染する感染性心内膜炎
歯周病により血栓ができるといったリスクがあります。
女性の方では妊娠すると、50%以上の方が
妊娠性の歯肉炎にかかるとわかっています。
お薬を使うことやストレスのかかる治療は
妊娠中にはできるだけ避けたほうがよいので
定期的なお口のメンテナンスが重要です。
そのほかにもお口に関係する病気は
たくさんありますのでお気軽にお尋ねください。
皆さんにより良い生活を送っていただけるように
治療とお口のお掃除を行ってまいりますので
よろしくお願いします。
歯科医師 平川 寛