医療費控除について

こんにちは。皆様いかがお過ごしでしょうか。

日中はそこまで寒くない日もありますが、朝晩はぐっと冷え込むので日々体調にはお気を付けくださいませ。

先日より年末調整の書類をスタッフへ渡しはじめました。年1回しかないからこそ、いつまでも慣れません・・・今回はこれに関係して「医療費控除」についてお話しようと思います。

医療費控除とは、その年の1月1日~12月31日までの期間、病院や歯科医院などで支払った治療費を確定申告で申請した場合に、所得に応じて控除を受けることができるものです。(詳細は国税庁HPへ:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1120.htm

歯科医院で医療費控除の対象になる治療は、保険がきかない自由診療のものが該当します。

むし歯治療をしたときに銀歯ではなく白いセラミックの歯を選択された方、お子さんの矯正を開始された方、インプラント治療をされた方は、忘れずに確定申告を行ってください!

※見た目を良くするために行う矯正やホワイトニングは医療費控除の対象外となりますのでご注意ください。

(具体的はこちら:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1128.htm

 

対象金額は、本人、本人と生計を一にするご家族様の金額を合計して、10万円以上、最高で200万円までとなります。

また、当院では歯科のローンを組んでお支払する方もいらっしゃいます。もちろんこの場合でも確定申告できます。契約成立時(信販会社が立替払いをした年)が医療費控除の対象です。

 

当院でも自由診療の治療を決められた患者様には、医療費控除のお話をさせていただくこともございます。(具体的な金額はお伝え出来ませんので、大体の目安でのお話とはなります)

これまで医療費控除の申請をしてこなかった方は、ぜひこの1年の治療費を見直してみてはいかがでしょうか。