子供のフッ素はいつからすればいいの?

こんにちは。歯科衛生士の土屋です。
最近は熱中症アラートが出るくらい、暑い日が続いておりますね。お盆も明けて、皆さんはどのように過ごされましたか? まだまだ暑い日も続きますので、こまめな水分補給を忘れずに、今年も暑い夏を乗り切りましょう!

さて、本日は、子供のフッ素はいつから塗ればいいかについてお話ししたいと思います。

最近、お兄ちゃんやお姉ちゃんのメインテナンスに一緒について来る、弟くんや、妹ちゃんのメインテナンスをいつからすれば良いのか、よく親御様方に聞かれます👀

中には、フッ素は体に悪いというイメージがある方も少なくないのではないでしょうか? そのためいざ我が子のこととなると、その使用をためらうことがあるかもしれません。

でも大丈夫です! フッ素はもともと自然界に多く存在するもので、土の中、海の中や、お茶にも含まれています。フッ素のデメリットに対して、神経質になる必要はなく、歯科医師・歯科衛生士のもと、正しい使い方をすれば悪影響を及ぼすことはありませんので安心してフッ素塗布を行えます!

それでは本題に入りますが、基本的には、フッ素は生えたばかりの歯に塗るのが最も効果的です! 乳歯でも永久歯でも生えてすぐの歯はフッ素を多く取り込みやすいので、この時期に塗布しておくとそれだけ丈夫な歯になります💪🏻

ただ、生えて絶対にすぐ塗らないといけないということではないですが、遅くても上下の前歯が生える頃には塗っておくことをオススメします!

また、フッ素は歯を硬くして虫歯になりにくくさせてくれますが、絶対に虫歯にならないということではありませんので、やはり、仕上げ磨きをしっかりすることや、定期的にフッ素を塗ることが大切です♪

何か他に分からないことなどございましたら、お気軽にスタッフにお尋ねくださいね^_^