0ヶ月からの歯磨き

こんにちは。保育士の西川です。

今月7日は七夕でしたね!
私は笹の葉を手に入れることが出来ず短冊に願い事を書いて七夕をプチ満喫しました。
皆様はどうお過ごしになられましたか?

今回は赤ちゃんの歯を守るために欠かせない歯磨き。
でも、いつから、どんなふうにするのが正解なのかよくわからなかったり、赤ちゃんが歯磨きを嫌がったりして悩むことも…。

そこで0ヶ月から1歳までの歯磨きについてお話したいと思います。
歯が生え始めたら欠かさず行いたい歯磨きですが、いきなり口の中にかたい歯ブラシを入れられると、赤ちゃんは抵抗を感じてしまいます。そこでぜひ実践してほしいのが、歯が生える前からの「歯磨き遊び」です!

ステップ⓪
赤ちゃんの機嫌が良い時にお口の周りやお口の中を清潔な手で「可愛いお口ー〜♡」「つんつん」など声をかけながら優しく触ってお口に物が触れることに慣れてもらいましょう! 慣れてきたら口に入れても危なくない柔らかいおもちゃなどで口腔を刺激してあげてください。遊びの延長として歯磨きを受け入れやすくなります♪

ステップ①
下の前歯が生えてきたらガーゼ磨きを始めましょう。6~7ヶ月頃になると下の前歯が生えてきます。離乳食後に水で濡らしたガーゼで優しく拭いて上げてください。この時も声かけや歌を忘れずに!

ステップ②
上の前歯が生え始めたら、ガーゼで上唇と上の歯の間にたまったミルクをやさしくふき取ります。上の前歯は8~9ヶ月で生えてきます。上の前歯はおっぱいや哺乳びんの吸い口が当たり、汚れがつきやすい場所です。とくに就寝時の授乳はむし歯ができやすくなるので、授乳後は湯冷ましを飲ませて、口をさっぱりさせてあげましょう。また、上の前歯どうしのすき間がない場合はむし歯ができやすいので、歯磨きを始めましょう。水だけをつけた歯ブラシで磨きましょう。当院でも乳歯用の歯ブラシを販売しておりますのでお気軽にスタッフにお声掛け下さい♪

ステップ③ 奥歯が生えてきたら仕上げ磨きを習慣にしていきましょう! 前歯の裏側、歯の間、生えかけの奥歯のかみ合わせ面は要チェックです。子どもが嫌がって動く場合は、大人の太ももの間に子どもの頭をはさみ、子どもの肩の上に足を乗せるようにすると動けません。磨き始めたら最後まで磨くのが大切です。嘔吐反射が強い場合は、毛足の短い歯ブラシを使いましょう。子どもに自分で磨かせる練習は必要ですが、その後、必ず大人が仕上げ磨きをして、食べかすが口の中に残らないように注意しましょう。

赤ちゃんが楽しく歯磨きか出来るように
当院には歯科医師、歯科衛生士はもちろん私たち保育士スタッフも在院しておりますのでお困りの際はお気軽にお声掛け下さい!

 

保育士 西川