歯が抜けた場合の治療法

こんにちは。事務の木村です。
新年度である4月ももう終わりを迎えますね。
1年で考えると既に3分の1が過ぎてしまいました!
時が経つのはとても早いです(^_^;)
今回は、欠損補綴けっそんほてつ について簡単にお話しいたします。
欠損補綴けっそんほてつとは、むし歯や歯周病で歯を抜いた、もしくは歯が抜けてしまった場合、
その歯の代わりを入れる治療方法です。
当院では大まかに3種類の方法がございます。
入れ歯
人工の歯を作って、隣り合った歯に金具をひっかけるものです。
(人によって形は異なります。)
デンチャー.jpg
取り外しができるものなので、毎食後水でゆすいだり、
寝るときは外して洗浄剤につけて保管したりします。
※「入れ歯の金具が目立って嫌だな」と
お思いの方もいらっしゃると思いますが、
当院では金具を使用しない
目立ちにくい入れ歯も取り扱っています。
ブリッジ
両側の歯を支えにして、欠損部(抜けた部分)を埋める形で歯を繋げます。
ブリッジ.jpg
こちらは入れ歯と違って取り外しができない
固定されたものになります。
ブリッジの場合は、支えとなる両側の歯を削ることになりますので、
欠損部の両側の歯が
今まで治療したことのない健康な歯の場合はお勧めしません。
使用する素材によって金額が変わります。
もちろん保険治療も可能です。
インプラント
手術をして、天然歯と同じ役割をする人工の歯をいれます。
インプラント.jpg
入れ歯やブリッジと比べると治療期間が長かったり、
費用がかかったりしますが、
欠損補綴けっそんほてつの中では一番おすすめの方法です。
ここでは、各治療方法の特徴を少ししかお話しできませんでしたが、
ご興味を持たれた方、
やるかわからないけど話だけでも聞いてみたいと思われた方、
是非スタッフにお声掛けください!
専任のスタッフがそれぞれの治療方法について
詳しくご説明させていただきます。
もちろん、上記以外の事でも色々とご相談に乗りますので、
お気軽におっしゃってくださいね。
事務 木村 麻衣子
イラスト出典:(株)コムネット
歯科素材屋さん