身体からのSOS!?口内炎を防ごう!

こんにちは!
歯科衛生士の追風です
雨が続いておりますが皆様体調管理に気をつけてくださいね!
今回は、「口内炎」について少しお話したいと思います。

口内炎とは、
口の中の粘膜(唇、舌、頬の内側、歯肉など)に起こる
炎症のことです。
口内炎には色々な種類があり
その原因、症状は様々です。
その中でも一般的な原因は、
①歯ブラシのときにできた傷、噛んでできた傷
②合わない入れ歯
③歯並びが悪く粘膜に当たっている
④健康状態の低下
⑤栄養状態が悪く、病気や過労など体力が衰えている
⑥内科的な病気(白血病、自己免疫疾患など)
などで、様々な要因が重なって発症すると言われています。

では、どうすれば予防することができるのでしょうか?
いくつかご紹介したいと思います。
①歯ブラシは硬すぎず、適度な大きさのものを選ぶ。
②入れ歯が合わない時は早めに調整してもらう。
③お口の中を清潔に保つようにする。
④毎日、食後の歯磨きやうがいをする
⑤体調管理に気をつける
⑥バランスの良い食事と十分な睡眠をとる
など、沢山の予防方法があります!
特に、体調管理をすることにより、
ある程度、口内炎の予防や軽減ができます。

口内炎ができたら、身体が発信したSOSだと思って、
普段の生活を見直してみてください。
日頃から疲れをためずに、
バランスの良い食生活を送りましょう!

一般的に口内炎は1~2週間で治ると言われていますが、
当院では レーザー治療も行っておりますので、
腫れや痛みが強かったり、長引く場合は
お気軽にスタッフにお声かけください。
歯科衛生士 追風