むし歯予防へ!はたらくフッ素!

こんにちは。

歯科医師の上田です。
寒さも和らぎ春の日の訪れを少しずつ感じられる季節になってきました。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

今回はよく耳にするフッ素について少しお話ししたいとおもいます。
フッ素とは歯磨剤やフッ素配合ジェルなどに含まれており
歯をむし歯菌から守る作用があります。

歯は常に再石灰化=リモデリングを行っています。
歯の主成分はハイドロキシアパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2 という成分で
フッ素が近くにあるとリモデリングする時に取り込まれて
フルオロアパタイト(Ca10(PO4)6F2という物質に変化します。
フルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトに比べて
耐酸性能が高いのでむし歯になりにくくなります。

                                
        
少し難しいお話しですが簡単に言うと

むし歯菌の出す酸により歯は溶けてむし歯を作りますが
その酸に対して抵抗性のある、歯を作る手助けをしてくれるものになります。

またフッ素には静菌作用というものがあり、
さまざまなむし歯菌は栄養を得てそれを代謝し
その産物として酸を酸性しますが、その代謝経路の一部を阻害する効果があります。

特に当医院ではお子様の歯磨き時にフッ素配合のジェルをお勧めしております。
歯磨きが終わった後にジェルを塗ってもらうことで
お子様のむし歯を予防することができます。

また乳歯だけでなはなく特に萌出したての永久歯は
まだ耐酸性能が高くない幼弱永久歯と呼ばれる状態であり非常にむし歯になりやすいです。
そのためフッ素を上手に使ってもらうことで永久歯のむし歯も予防することができます。

使い方に関して分からないことがありましたら是非歯科医師・歯科衛生士にご相談ください。