«  2017年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2017年4月28日

こんにちは。事務の木村です。
新年度である4月ももう終わりを迎えますね。
1年で考えると既に3分の1が過ぎてしまいました!
時が経つのはとても早いです(^_^;)

今回は、欠損補綴けっそんほてつ について簡単にお話しいたします。
欠損補綴けっそんほてつとは、むし歯や歯周病で歯を抜いた、もしくは歯が抜けてしまった場合、
その歯の代わりを入れる治療方法です。
当院では大まかに3種類の方法がございます。

入れ歯

人工の歯を作って、隣り合った歯に金具をひっかけるものです。
(人によって形は異なります。)

デンチャー.jpg

取り外しができるものなので、毎食後水でゆすいだり、
寝るときは外して洗浄剤につけて保管したりします。
※「入れ歯の金具が目立って嫌だな」と
お思いの方もいらっしゃると思いますが、
当院では金具を使用しない
目立ちにくい入れ歯も取り扱っています。


ブリッジ

両側の歯を支えにして、欠損部(抜けた部分)を埋める形で歯を繋げます。

ブリッジ.jpg

こちらは入れ歯と違って取り外しができない
固定されたものになります。
ブリッジの場合は、支えとなる両側の歯を削ることになりますので、
欠損部の両側の歯が
今まで治療したことのない健康な歯の場合はお勧めしません。
使用する素材によって金額が変わります。
もちろん保険治療も可能です。

インプラント

手術をして、天然歯と同じ役割をする人工の歯をいれます。

インプラント.jpg

入れ歯やブリッジと比べると治療期間が長かったり、
費用がかかったりしますが、
欠損補綴けっそんほてつの中では一番おすすめの方法です。


ここでは、各治療方法の特徴を少ししかお話しできませんでしたが、
ご興味を持たれた方、
やるかわからないけど話だけでも聞いてみたいと思われた方、
是非スタッフにお声掛けください!
専任のスタッフがそれぞれの治療方法について
詳しくご説明させていただきます。

もちろん、上記以外の事でも色々とご相談に乗りますので、
お気軽におっしゃってくださいね。


事務 木村 麻衣子

イラスト出典:(株)コムネット
歯科素材屋さん

2016年9月 3日

こんにちは!
事務兼トリートメントコーディネーターの谷本です。
9月に入りましたが、まだお昼間は暑いですね。
朝晩は涼しく、どんどん秋が深まっているのを感じます。

さて、お知らせが遅くなりましたが、
当院が本で紹介されました!!!

CIMG9635 (2).jpg

今年の3月31日に発売された、
毎日新聞出版の
『歯科最前線2016』という本です。

その本の中の、
『専用オペ室がある安心のインプラント治療ドクターズガイド』
というページで、当院が紹介されました!

CIMG9699 (2).jpg

当院ではオペ室歯科用CTをはじめ、
CT画像を用いた3Dシュミレーションシステムなど
充実した設備を取り揃えております。

また、院長はICOI(国際インプラント学会)
最高位である指導医の資格も持っておりますので、
安心して治療を受けていただけます!

そういった自慢のインプラントの設備・技術
このような本の中でご紹介いただけて非常に嬉しいです(*´ω`*)
また、同時に責任も感じております。
皆様に信頼のインプラント治療を受けていただけるように、
スタッフ一同引き続き頑張っていきますね!

また、こちらの本は当院の受付に
一冊置いてありますので、是非ご覧ください♪

こちらからもご購入いただけます!
歯科最前線2016(毎日ムック)
(宣伝...笑)

歯を失い、入れ歯などにご不満をお持ちの方や、
インプラントにご興味をお持ちの方は、
私をはじめ担当スタッフより
詳しく説明いたしますので、
いつでもおっしゃってくださいね!


季節の変わり目、寒暖差も激しく体調を崩しやすい季節です。
また、麻疹(はしか)も流行っておりますので、
皆様体調には充分お気をつけくださいね。
台風にもお気をつけて!

事務 兼 トリートメントコーディネーター 谷本 亜利紗

2015年8月 8日

こんにちは、歯科衛生士の川崎です。
8月入り夏本番になりましたね。


さて、今回はインプラントのケアについてお話しします。

入れ歯よりもブリッジよりも、しっかり噛めるインプラント。
歯を失ってしまった方の中には、
検討されている方も多いのではないでしょうか。

インプラントはチタンなどの金属でできており、虫歯にはなりません。
なので、治療後の歯の管理は天然の歯に比べて簡単なように思えますが、
だからといって、ブラッシングを怠ると、
インプラントのまわりの粘膜に炎症が起きてしまい、
最終的にはインプラント周囲炎という
インプラントの歯周病になってしまいます。

インプラント周囲炎で歯茎の状態が悪くなってしまうと、
インプラントの部分だけでなく、周りの歯にも影響が出てきます
そのため、毎日のケアが必要になってくるのです。


しかし、インプラントのお手入れと言ってもそんなに難しいものではありません。
天然の歯を磨くようにブラッシングするのが1番大切です。

インプラントは、被せ物と歯茎との境目が
一番磨き残しが多い所なので
その部分の汚れを落とすのを意識して、小刻みに丁寧に磨いて下さい。

ただし、力一杯上下に動かして磨くのは辞めて下さい。
いつものように物を食べたり出来るといっても
歯茎と密着する力は天然の歯よりも劣ってしまうので
このような磨き方をすると歯茎が腫れてしまう原因になります。

そして、歯磨き粉は研磨剤が入っていない物を使用して下さい。
研磨剤が入っているとインプラントを傷つけてしまう危険性があります。

また、歯ブラシの他に使用して頂きたい物があります。
それはフロスや、歯間ブラシです。
すき間の汚れもしっかりと掻き出し、清潔に保っていただきたいのです。

しかし、フロスや歯間ブラシは、誤った使用方法をすると
歯茎に傷をつける原因になりますので
サイズや使い方等が分からなければ歯科医師や歯科衛生士にご相談して下さい。


インプラントを長持ちさせるためには
正しいブラッシング法で歯磨きをすることが1番大切です。
また、かみ合わせの調整やネジのしまり具合などの点検が必要なので、
定期的に健診を受けることをおすすめします。


まだまだ暑い日が続きますね。
先日家の冷蔵庫が壊れて中にあったアイスもとけてしまいました。
急に暑さが増して冷蔵庫も夏バテしてしまったようです。
皆さんも体調管理には気をつけてくださいね!
お口の中の健康は当院にお任せ下さい。
虫歯もゼロにして夏を楽しみましょう!


歯科衛生士 川﨑

長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院

2015年3月14日


こんにちは!アシスタントの岡田です!
今日は歯科用CTについてお話ししようと思います♪

まずは医科用CTとの違いです。
主に医科用CTと歯科用CTとの大きな違いは、撮影時間と被爆線量です。
歯科用CTは、撮影時間がかなり短く約10秒ほどで済みます。
被爆線量が医科の1/8から1/50と低水準なので、身体にも安心なのが特徴です。


そして以下にあげるような歯科治療において大きな役割を果たしています。


☆インプラント治療

インプラントの治療では、
埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が
正確に確実に判断できるので、
切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が即日に行えます。
歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、
安心な治療への第一歩です。

☆矯正治療

矯正治療への利用では、
術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、
歯の移動の限界が予測でき、
また軟組織の状態もわかるので、
治療計画の立案に役立ちます。
最適な治療方法を導くことは治療期間の短縮にもつながります。

☆歯周病治療

歯周病は、細菌感染による骨の破壊が起きる病気であるため、
骨の破壊の程度などをよりリアルに見て判断するすることができます。
また骨の状態からおおよその歯の寿命を積算することも可能です。
したがって非常に予知性の高い治療が行えます。


☆親知らず

歯科用CTを親知らずの抜歯に利用することで、
立体的に把握することができます。
これにより、神経を引っ掛けてしまう可能性や、周囲の炎症の程度、
病巣の有無や大きさ、位置なども
判断、考慮して治療を行うことができます。
また埋伏歯などの位置なども精密に判断できるので、
余分な切開や骨の切削などを避けることができます。

☆根管治療とCT

歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態など、
かなり正確に把握できます。
歯科用CTを使った正確な診断によって、
根の病気の完治を目指しやすくなります。


このように歯科用CTで三次元の立体画像を見ることにより、
正確な判断ができます。
歯科用CTは治療の安全性を高める大きな役割を果たしているのです。


他にCTについてご質問等ございましたら
お気軽にスタッフにお声かけくださいませ(*^.^*)


アシスタント 岡田 美帆

大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院

2014年9月22日


こんにちは☆アシスタントの植田亜里紗です!
ようやく夏の猛暑がおわり、秋風の気持ちの良い季節になりました!
みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は「欠損補綴について」お話させていただきます。
欠損補綴とは、歯が抜けてしまった場合や、歯を抜く処置をした場合に、歯がなくなってしまった部分を人口の歯で埋めることです。
歯がないままだと、残りの歯がすき間を埋めるように動いてしまったり、噛み合わせた時に反対側に来る歯(上の歯だと下の歯、下の歯だと上の歯)が伸びてきてしまったりして、咬み合わせが悪くなってしまいますので、欠損補綴をする必要があります。
種類は欠損の状態によって異なってきます。

まずは「ブリッジ」です。
IMG_0225.jpg
ブリッジは両隣の歯を削り、欠損部分に架け橋を作る方法です。
固定されるので、歯がある時と噛み心地などは同じです。
ただ、健康な両隣の歯を削ってしまう場合もありますし、噛むときにも
両隣の歯に数本分の力が掛かりますので、歯への負担が大きい治療方法です。
また、欠損部分の補綴には歯と歯茎との間に隙間ができるため、
清掃も困難となり、メンテナンスを怠ってしまうと、歯周病にもなりやすいです。
歯の状態によっては、ブリッジを行うことが出来ない場合もあります。

つぎに「入れ歯」です。
price_a05.jpgprice_e05.jpg
入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。
歯の欠損部分に取り外しのできる、義歯をいれるという方法です。
周りの歯に金具を引っかけるため、健康な歯を少し削ることがあります。
また、健康な両隣の歯に力が掛かってしまいます。
慣れるまで違和感があり、しっかり噛むのは難しいです。

そして「インプラント」です。
IMG_0232.jpg
インプラントは、顎の骨の部分にボルトを埋め込んで、
人口の歯を植えつけるという方法です。
両隣の歯を削ることもありませんので、周りの歯にも優しい治療法です。
また、根元から顎の骨にしっかりと固定されておりますので、
本物の歯と同じようにしっかりと噛めて、より食事を楽しむことができます。

他の方法と比べて、しっかり噛めることで消化もよくなり胃腸に優しいですし、
脳を刺激し脳細胞の減少を防ぐ事が出来ます。
噛むことは認知症などの病気の予防にもなるのです!
実際に、入れ歯なしで咬める人は、総義歯の人に比べて、
健康寿命が10年も長いというデータが厚労省から出ているそうです。
周りの歯にも優しいですし、しっかり噛めて、
お口の中だけでなくて身体にも優しい治療法です
ただ、健康な歯に比べて、インプラントは歯周病になりやすいため、
定期的なメンテナンスを受けて頂くことをお勧めします!


このように歯をなくしてしまっても、補う方法はいくつかありますが、
周りの歯のためにも、心身の健康のためにも、インプラントがオススメです。


また、できるだけ自分の歯を長く使う為に
日頃のお手入れを怠らないことが、何より大切です!
歯を多く残すためにも、お手入れをきちんと行って、
治療が必要になった際は、周りの歯を残していくためにも
周りの歯に影響が少ない治療方法を選んでいきたいですね。


治療に関して何か気になることがございましたら、
スタッフや衛生士になんでもお気軽にお尋ねください♪

受付・アシスタント
植田亜里紗


長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院

2014年7月15日

こんにちは*アシスタントの青栄です。

じめじめした梅雨も明け、セミも鳴き始め、いよいよ夏本番!!といった感じですが、
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
夏といえば、花火大会やお祭りなどで賑わいますね(^^)

さて、今回は「自費と保険の精度の違い」についてお話いたします。

まず、歯科医療は大きくわけて、"自費診療"と"保険診療"があります。

保険診療とは、誰もが平等な治療を受けられるように考えられた、とてもいいシステムです。
ただし、平等である分、受けられる治療の種類は限定されます。

自費診療とは、単に高額な治療というイメージが強いようですが、それだけではありません。
よりランクの高い治療を受けることができます。
「見た目の美しさ」「むし歯再発リスクの低下」「体への優しさ」にもつながるという事実です。

保険診療は、ただ単に"噛める"ようにすることを目的にしておりますが、
自費診療では"快適に噛める"ようにするため、"インプラント"や"セラミック"があり、
料金は高くなりますが対価に応じた〈快適な噛み心地〉と〈審美性〉を実現することができます!

保険と自費の違いは、単なる"費用の違い"や"銀歯と白い歯"だけではありません。
ぜひ価格だけでなく、歯の健康とお口の美しさという視点で治療をお選びください。


自費治療料金表にそれぞれの治療の長所・短所も記載しておりますので、こちらもぜひ参考になさってください。


CIMG4808.jpg


当院では事前に十分な説明を行うとともに、料金を示しておりますので、安心して治療を受けて頂くことが出来ます!お気軽にご相談下さい。

長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院

2014年6月 7日

暑さが日ごとに増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか?
こんにちは!! 長谷川歯科医院の嶋田景介です。


さて今回は、『親知らずの抜歯』についてお話しいたします。


まず『親知らず』って、どんな歯なのでしょうか?

親知らずの語源は、18歳から20歳くらいで生えてくることが多く、人間の一生が短かったころには、すでに親が亡くなっていなかった年齢であったため、そう呼ばれるようになりました。

また、食事がやわらかくなり、噛む回数が減ったなどの影響で、近年顎が小さくなる傾向にあります。親知らずが生える頃には他の歯はすでに生えそろっているので、結果的に親知らずが生えるスペースが不足する人が増えています。
その結果、スペースが足りずに水平に生えたり、傾いて生えたりするため痛み腫れなどのトラブルを引き起こす原因となり、抜歯が必要となるケースも多いです。

でも、いざ抜くとなると勇気がいりますよね。
そこで親知らずの抜歯について、いくつかお話ししたいと思います。


『他の歯を抜く時と比べてなぜ大変なのでしょうか?』

親知らずの多くは顎の骨に埋まっています
そこで、歯茎を切開し、顎の骨を削り歯を分割して抜歯するという、手術が必要になるからです。
親知らずの近くには顎の筋肉、さらには太い神経も通っていますので、こうした組織を傷つけないよう、細心の注意を払って手術を行っています。


『どういう親知らずが抜く必要があるのでしょうか?』

親知らずの頭部分が隣の歯に引っ掛かり中途半端に生えそこに汚れが溜まり、ばい菌に感染しやすくなります。
汚れが溜まることにより虫歯ができ、その結果痛みや腫れが生じます。
また炎症のため、周囲の顎の骨が溶けてなくなり大事な隣の歯がグラグラしてしまいます。
さらに親知らずの生える力により前方の歯が押されて歯並び悪くなってしまいます。
このような親知らずが引き起こすトラブルを近い将来に予想される患者様には、予防的な抜歯をすすめています。
もちろんケアができ、上あごと下あごも親知らずがしっかりと噛みあってる場合は抜く必要はありません


『抜歯前と抜歯後の注意点は?』

 抜歯前の注意点は...

・前日は十分な睡眠をとり体調を整えて下さい。
・手術後は麻酔が2時間ぐらい効いてますから、食事は軽くすませて下さい。
・事前に常備薬をお伝えください。
 お薬の内容によってはかかりつけ医と相談しないといけません。

 抜歯後の注意点は...

・決してブクブクうがいはしないで下さい。
 血の固まりがはがれると出血したり、
 痛みが出たり治りが悪くする原因にもなります。
・氷水で冷やさないで下さい。
 筋肉が硬くなりいつまでも腫れが引かない場合があります。
 水道水ぐらいの温度の絞ったタオルを当てる程度でかまいません。
・食事は抜歯した反対側で噛み、刺激物アルコールは避けましょう。
 アルコールは血流をよくするので、痛みや出血の原因になります。
・入浴はシャワー程度にして下さい。血行がよくなると、痛みや出血の原因になります。

当院では親知らずの抜歯以外にインプラントを含め様々な手術に対応しております。
ご質問等ございましたら、スタッフへお気軽にご相談下さい。


これからも皆様のご期待に応えられるよう、スタッフ一同日々努力致しますのでよろしく
お願いいたします。


長谷川歯科医院のホームページはこちら
大阪市此花区歯医者、一般歯科、小児歯科、予防歯科、歯周病治療、インプラント、矯正の長谷川歯科医院

インプラント
長谷川歯科医院院長 長谷川 昌徳

医療法人社団徳旺会
長谷川歯科医院

院長 長谷川 昌徳

〒554-0002 大阪府大阪市此花区伝法2丁目4-4
TEL:06-6461-8211

当院は、昭和9年(1934年)に私の祖父が開業してから70有余年になります。父が2代目、そして私が3代目として受け継いできましたので、患者さまの中にも、親子2代、3代にわたって通っていただいている方が少なくありません。

祖父や父が築いてきた歴史や信頼を思うとき、責任の重さを感じることがあります。自分が後をついで歯医者になったことで、下降線を辿りたくないといいますか、祖父や父が残してくれた当院を、しっかりと受け継いでいきたいと思います。