«  2019年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年5月18日

こんにちは。歯科衛生士の片岡です。

5月も半ばになり
昼間の気温は汗ばむほど高くなってきたものの朝晩は冷えるため、
着るものに困っている方も多いのではないでしょうか?

さて、私は先日、小児歯科に関する勉強会に参加してきました。
印象に残ったことは、
3歳で歯科治療ができるのは20%
2歳以下では0%ということ。
3歳は80%、2歳以下は100%できないのです。

でもむし歯ができる子は
3歳までに最初のむし歯ができてしまいます。
(歯は生えてから2〜3年間は、むし歯に対する抵抗力が弱いからです。)

ご家族の方の中には
お子様にはしっかり治療を受けてほしいのに、
逆に歯医者が嫌いになってしまい
困っている方が多いのではないでしょうか。

では、そうならないためにはどうすればいいのか...

それは、3歳まではむし歯を作らないということです!

3歳までに歯医者に行った子は、そうでない子と比べて
むし歯が少ないことが研究によりわかっておりますし、
3歳までにむし歯を作らなければ、
その後もむし歯ができない可能性が高い
のです。

何歳から歯医者さんに連れていけばいいのか
迷っていたご家族の方もいらっしゃると思います。

3歳までに歯医者さんでむし歯予防を始めましょう!

長谷川歯科医院では
大切なお子様の歯を削ることなく
健康に育ってくれるよう
ご家族の方と一緒にサポートしていきます!

歯科衛生士 片岡敦子

2019年5月11日

こんにちは。
歯科衛生士の樽野です。
今年のゴールデンウィークは10連休という人も多かったと思いますが、連休中は皆様楽しく過ごせましたでしょうか。

私事ではありますが、この春に親知らずを抜歯しました。
急に奥歯が痛み出し、腫れによって口がほとんど開かない状態になってしまったのです。
ブログをご覧の皆様のなかにも、親知らずの痛みを経験したことのある方がいらっしゃるのではないかと思います。

では、なぜ親知らずは痛み出すことがあるのでしょうか。

痛みにはさまざまな原因が考えられます。
・萌出時(歯が生えてくる時)の痛み
・むし歯による痛み
・歯茎の炎症による痛み
・何らかの原因で粘膜を傷つけたことによる痛み
・ななめ、もしくは横向きに生えてきている場合の痛み

今回はもっともよく見られる、歯茎の炎症の痛みについてお話しします。

親知らず周囲の歯茎に炎症が起こることを「智歯周囲炎」といい、歯茎の腫れや痛みが主な症状です。
生えてくるスペースが足りず、正常に生えてこないことが多い親知らず。
ななめに生えてきていたり、途中までしか生えてこなかったりすると、親知らずの上に歯茎が被った状態になります。
そこに汚れが溜まり、細菌が増えることで炎症が起きてしまうのです。
炎症を放置すると段階的に症状が悪化し、頬が腫れたりするだけでなく、菌が全身に回ってしまい、発熱などの全身症状が引き起こされ、ひどい場合は入院治療となることもあります。

この智歯周囲炎の一番の予防策は、やはりブラッシングです!
お口の中の細菌を減らすことができていれば、炎症は防げます。
ただし、生え方によっては歯ブラシの届きにくいところはどうしてもでてきます。
また、ストレスや疲れによって免疫が落ちている時には発症しやすくなります。

免疫力を高める生活習慣を心がけること、歯医者さんで正しいブラッシング指導を受けることが予防に大きく関わってきます。
また、痛くなる前に抜歯してしまうことで、炎症を予防することも可能です。

親知らずが気になったら、まずは歯医者さんで診てもらいましょう!
歯科医師や歯科衛生士が、皆様に最適な対処方法をアドバイスさせていただきます。


歯科衛生士 樽野友希

2019年5月 2日

こんにちは。
歯科医師の藤居拓馬です。

ついに元号が平成から令和へと変わり、新しい時代に突入しました。
改元となると、新年とはまた違った重みを感じるような気がします。
果たして令和ではどの様な事が待っているのでしょうか。


新しい事と言えば、
私事ですがマウスピース矯正をすることになりました。

マウスピース矯正とは、
従来の金属のワイヤーを使った矯正ではなく、
透明なポリウレタン製のマウスピースを使用
歯を動かしていく最新の治療法です。
当院でも行うことが可能です。

CIMG1178.jpg

マウスピース矯正は、
症例によって適応出来ない場合もありますが、
従来の矯正とは違い、
・透明で目立たない
・頬や舌にワイヤーなどが当たって痛むことが少ない
・食事の際は自分で取り外しができる

という利点がある、とても良いものです。


矯正治療は主に見た目を気にされて始める方がほとんどですが、
私の場合は自分の口の中もよくわかっており、
このまま放っておくと数十年単位で
むし歯にならなくても食事に支障を来たす日がやってくると
予想したので始めることにしました。


皆さんもこの春から、令和から何か始めてみたいことはありますか?
矯正治療を含めてお口の中で気になることがあれば
当院スタッフまでお気軽にご相談ください。


歯科医師 藤居 拓馬

2019年4月27日


こんにちは。
長谷川歯科医院の事務 谷本です。
日に日に春めいてきましたが、
本日は少し冷え、不安定な気温に戸惑っています(;´・ω・)

さて、本日からゴールデンウィークが始まりました!
10連休の方も多いのではないでしょうか?

当院は、ゴールデンウィーク期間中、
本日4月27日(土)と、
5月1日(水)、2日(木)、6日(月)の
計4日間、診療しております。

当院はお約束制(ご予約制)となっておりますので、
もし、お休み中に急な痛みなどお困りごとがございましたら、
あらかじめお電話にてお問い合わせくださいませ。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

また、年始のご挨拶でもお伝えいたしましたが、
当院は移転を予定しております!!

時期は、2か月後の2019年6月末ごろとなりました。
また近くなりましたら、再度ご案内いたしますね。

マップPNG文字入り.jpg

場所はこちらです!
今の医院から徒歩1~2分ですので、近くですが、
より大きくなり、院内保育園などの設備も整います。
皆様により快適に治療やメンテナンスを受けていただけるようになりますので
どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。


それでは、皆様楽しいゴールデンウィークをお過ごしください♪


事務 谷本 亜利紗

2019年4月20日

こんにちは、歯科衛生士の川島です。

ここ数日風が強く肌寒い日が続きますが、
皆さん体調管理はバッチリでしょうか?
気温も段々上がり、冬物衣類をしまえる日も近そうです。

定期検診へお越しの皆さんへご連絡があります。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
定期検診に来られた際にお渡しする歯ブラシが
4月から廃止になりした。
今後は希望の方には別途購入いただくという形になりましたので
よろしくお願いします。

さて、本日は医院にて販売している歯ブラシの中でも、
特にオススメしたい歯ブラシのご紹介をいたします。
それはGCさんが出している、
ルシェロシリーズピセラという歯ブラシです。

4列植毛で幅が広く磨きやすく、
長い毛と短い毛が混ざって段差になっており、
歯面と歯と歯の間や、歯周ポケットを
効率よくお掃除することができます。
コンパクトヘッドですので、男性の方でも、
お口の小さな女性でも磨ける1本となっています。

picella.jpg

今までお渡ししていた歯ブラシの他にも、
私たち歯科衛生士がオススメする歯ブラシがたくさんあります。
お口の中を拝見させて頂き、
一人ひとりに合った歯ブラシを処方しますので、ぜひお声がけください。


歯科衛生士 川島 春美

2019年4月12日

こんにちは、歯科医師の松岡です。

四月も初めは寒い日が続きましたが、今はすっかり暖かくなり、ようやく春の訪れを感じることが出来ます。
近頃は、来たる最大10連休のゴールデンウィークに向けての準備で忙しい方も多いのではないでしょうか。

さて話を変えまして、皆さんは4月18日がどのような日かご存知でしょうか?
"発明の日"、"世界アマチュア無線の日"、"ウッドデッキの日"......など意外と色々あってびっくりです(笑)

実は4月18日、『よい歯の日』という記念日でもあるのです。日本歯科医師会が、1993年(平成5年)より歯の健康活動のPRのために設けたものです。
『よい歯の日』以外にも、『歯と口の健康週間(6月4日)』『いい歯の日(11月8日)』、また『敬老の日』も歯の健康活動のPR重点日と定められています。

では、歯の健康活動とは具体的にどんなものがあるのか。そのひとつに『8020(はちまるにいまる)運動』というものがあります。聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

端的に言うと、「80歳になっても歯を20本以上保とう」という運動です。その基準は「日本人の平均寿命は80歳」「歯は20本あれば食べ物を噛める」という二つの調査結果より決められたそうです。

この運動がどんな効果を生んでいるのか、気になりませんか?政府が行う歯科疾患実態調査という歯に関わる調査によれば、8020達成者は51.2%(2016年)、つまり80歳の二人に一人は20本の歯を保っているということになります。これは歯に対する関心を持っている人が多いと言えるでしょう。

しかし、いくら関心があるからといっても80歳までに20本以上の歯を保つというのはかなり大変です。虫歯や歯周病に知らないうちになってしまっていると、それだけで歯を失うリスクが高くなってしまいます。

ですがご安心下さい!長谷川歯科医院では皆様の8020をお手伝いするためのお口の中の定期的なお掃除も承っております。また、お口の中で気になるところ、診てもらいたいところがありましたら在籍している歯科医師による診察もさせていただいています。

この機会に、是非長谷川歯科医院に足を運んでいただければとスタッフ一同心よりお待ちしております。


歯科医師 松岡 佑樹

2019年4月 6日

こんにちは。
歯科医師の廣石です。

先日、少し早めですが桜を見てきました。
4月を迎えたといえどまだまだ肌寒く、
桜も申し訳程度にしか咲いていませんでしたが、
日没も遅くなり、日々の至るところに春の足音を感じます。
春の訪れとともに新たな元号が発表され、
気持ちも新たに新年度も頑張ろうと思います。

beauty.jpg

さて、皆さんは明眸皓歯めいぼうこうしという四字熟語をご存知でしょうか。
眸には目、特に大きく見開いた目という意味があり、
皓には白く輝くという意味があります。
ぱっちりと開いた明るい目と白い歯、
即ち美人のたとえとして使われる言葉です。

元はその瞳と白い歯をもって
玄宗皇帝の寵愛を受け皇后となった
楊貴妃の美貌を形容した言葉でした。
八世紀の唐人にとって
笑顔に光る白い歯が
どれだけ容姿の美しさに重要であるかが
よく表されています。

要は美しく輝く白い歯は美人の条件といえるでしょう。
私達、長谷川歯科医院スタッフは、
皆様の美人作りに一役買えそうです。
白いつめもの、かぶせものや矯正、ホワイトニング等...
歯を綺麗にする方法はたくさんあります。
笑顔の印象でお悩みの方は是非私達にご相談ください。

歯科医師 廣石 勝也

2019年3月29日

こんにちは
歯科医師の豊田です。

もう桜が咲き始め、気温も徐々に暖かくなり
少しずつ春を感じられるようになってきましたね。

春といえばお花見ですが、美味しいご飯を食べた後は
歯磨きをしないとやはり歯と歯茎が悪くなってしまいます。

そこで、食事後の歯磨きのタイミングはいつするべきなのか、
その理由と共にご紹介したいと思います。

illust1579 (1).png

結論から言いますと
基本的に酸蝕症さんしょくしょうの方以外は、
子供も大人も食後出来るだけすぐに磨かないと
歯も歯茎も悪くなってしまいます。

(酸蝕症の方は、食後30分は
すぐに磨かない方が歯にとって良いかもしれない、
という論文の報告もありますが、
基本的にはすぐに磨いて頂いた方が良い方がほとんどです。
もし自分の歯がどちらにあたるのか不安でしたら、
担当の歯科医師、歯科衛生士に聞いて頂いた方が確実だと思います。)


食事に含まれているデンプンなどの糖は、
お口の中に常にいる細菌にとってもご飯になります。

歯周病や虫歯を進行させてしまう悪玉菌のご飯となるのです。
この悪玉菌は糖を食べると
歯を溶かす酸や歯茎を壊す毒素を口の中に撒き散らします。

そうすると虫歯や歯周病は少しずつ進行してしまいます。

虫歯は進行するとしみたり痛みが出たりするため
比較的発見されやすいですが、
歯周病は3sという特徴がある病気なので発見されにくいです。
ここで歯周病の特徴である3つのSについてご紹介させて頂きます。

一つ目のSは

Silent Disease (静かに進行する病気)
自覚症状が少ないため、本人が気づく頃には
かなり重症になっている事が多く
この事で発見が遅れる事が多いです。

2つ目のSは

Social Disease (社会的な病気)
厚生労働省の調査で、
30歳以上の成人の8割以上が
かかっている病気だと分かっています。
そのため年齢が上がると進行していないか
定期的に歯科医院でチェックする事がとても大切です。

3つ目のSは

Self Controllable Disease (自分で予防できる病気)
歯周病の最大の原因は歯垢(プラーク)に潜む細菌です。
その予防には日常の歯垢除去(歯磨き、糸ようじ)と
歯科医院での定期的な検診が最も有効な方法です。
また毎日継続してケアを行う事がとても大切です。
少しでも不安に思われたら歯科医院で検診しましょう。

上記の理由で、虫歯と歯周病の両方の進行を予防するために
食後出来るだけすぐ磨く事がとても大切です。

長谷川歯科医院では、
治療のみでご予約されている患者様でも
歯と歯茎のお掃除が必要だと判断した場合は、
当日でも衛生士さんにお掃除して頂く事を
お薦めさせて頂く事があります。

皆様の健康な歯と歯茎を保ち、
充実した食生活を送って頂ける様、
スタッフ一同皆様のご来院をお待ちしています。

2019年3月23日

こんにちは。
アシスタントの重田です。
早いことに、3月ももうすぐ終わりですね。
最近は花粉の季節で目も鼻も痒くて大変な毎日です。
みなさんはいかがお過ごしですか?

最近、白い詰め物や被せ物を入れられる患者様が
多くなってきたと思います。
白い補綴物(詰め物や被せ物のこと)は、
陶器で出来ておりますので、
表面がつるつるしていて汚れも付きにくく、
歯周病やむし歯の再発の
リスクを減らすことができると言われています。
また、白く美しく目立ちにくいので、
見た目を気になさる方にもおすすめです。

このような白い補綴物は
患者様ご自身の周りの歯の色に合わせて作成するのですが、
実際作成した時に歯の色がそこだけ違わないように、
私たちは、シェードガイドと言う 色見本をみながら作成します。

さて、多くの医院の場合、補綴物を作る際、
外部の技工所(補綴物を作成する専門の場所)で
作る場合がほとんどだと思います。

ですが、当院では、技工所ではなく、
院内技工室に歯科技工士が2名勤務しておりますので、
直接観て患者様と相談しながら、
ご自身の色に合わせて補綴物を作ることも出来ます🤩

S__49397791.jpg


もし、白い補綴物を入れられる際は、
先生と相談しながら、綺麗な補綴物を作成しましょうね★

外もあったかくなってきており、
季節の変わり目ですので皆様も体調管理お気をつけて下さいませ。


アシスタント 重田珠里

2019年3月16日

こんにちは!
長谷川歯科医院 歯科医師の竹村です。

さて私は前任の歯科医師の嶋田から役職を引き継ぐことになり、
今年の1月から当院の副院長に就任することになりました。
一日でも早く副院長らしくなれるように精一杯努めますので、
今後とも宜しくお願い致します。


ところで皆さんは映画を観たりするのはお好きですか?
私は映画を観るのが大好きで、
昨年ついに我が家もWOWOWを契約しました!!
番組表をチェックするたびに
観たい映画やLIVEが多すぎて多すぎて・・・
すぐにハードディスクの容量がいっぱいになってしまいます。

さて現在、全国の映画館で放映中の作品で
歯科医療をテーマにした映画があるのをご存知ですか??
そのタイトルは『笑顔の向こうに』という作品です。

映画『笑顔の向こうに』公式サイト

医療の現場をテーマにした映画やドラマは数あれど、
その中でも歯科医療という分野で、
しかも今回のように日本歯科医師会が全面協力した作品は
過去に類を見ないかと思われます。

私は先日、梅田の大阪ステーションシネマにて鑑賞してきました。
ネタバレになってしまいますので、
ここでは深く内容には触れないようにしておきますね(笑)

50515.jpg
劇場内にある
主演俳優さんのサイン入りポスター

この映画では歯科医師ではなくて、
俳優の高杉真宙さんが演じる
歯科技工士さんが主人公だということも
作品の見どころの一つだと思います。

歯科技工士とは患者さんの歯の詰め物や被せ物や入れ歯を
作ったりする仕事をする人
のことです。

患者様の歯の型どりをして
石膏を流して固めた模型を
外部の歯科技工所に発注して、
詰め物などを作ってもらうのが
ほとんどの歯科医院でのやり方です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが
長谷川歯科の2階にはなんと!
小さな歯科技工所があって、
2人の技工士さんたちがお仕事をされています。

DSCN0397.jpg
DSCN1134_2.jpg
お仕事中の当院の技工士さん  
長谷川歯科の詰め物や被せ物はここで生まれます


歯科関係者でなければ、
なかなか見る機会のない技工士さんたちのお仕事の様子を
当院では2階のD、Eチェアーから
ガラス越しに見学することができます!

2人ともとてもきさくな方々ですので、
もし院内でお見かけすることがあれば
お声をかけていただいても結構ですよ。

3月も中旬を迎えましたが、
まだまだ肌寒い日々が続きます。
季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですので、
お体に気を付けてお過ごしください。


副院長 竹村 綾貴

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長谷川歯科医院院長 長谷川 昌徳

医療法人社団徳旺会
長谷川歯科医院

院長 長谷川 昌徳

〒554-0002 大阪府大阪市此花区伝法2丁目4-4
TEL:06-6461-8211

当院は、昭和9年(1934年)に私の祖父が開業してから70有余年になります。父が2代目、そして私が3代目として受け継いできましたので、患者さまの中にも、親子2代、3代にわたって通っていただいている方が少なくありません。

祖父や父が築いてきた歴史や信頼を思うとき、責任の重さを感じることがあります。自分が後をついで歯医者になったことで、下降線を辿りたくないといいますか、祖父や父が残してくれた当院を、しっかりと受け継いでいきたいと思います。