«  2018年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年7月14日


こんにちは。
歯科医師の松岡 佑樹です。
ついに7月に入り蒸し暑くなってまいりますが、
皆さんは体調を崩さず過ごせていらっしゃいますか。
屋内屋外関係なく、水分補給はしっかりと行ってくださいね。

さて今回お話しさせていただくことは、
白い差し歯とも言われている
CAD/CAM冠に関するちょっとした小話です。

そもそもCAD/CAM冠とはなんぞや?
という方に簡単に説明させていただくと、
『専用のスキャナーで歯型のデータを読み取り、
白いブロック塊から
歯科用3Dプリンターで削り出された歯の被せ物』です。

このCAD/CAM冠を削り出す装置ですが、
全国に先駆けて導入したのは
北海道医療大学の附属病院であります。
北海道医療大学では
歯科医師の疋田 一洋教授により
CAD/CAM冠についての研究をしており、
附属病院では新たな適応範囲を増やすための
臨床研究が行われています。

何故このような話をしたのかというと、
実は北海道医療大学は私の出身大学であります。
CAD/CAM冠に関する研究は
大学の数少ない自慢出来ることなのです(笑)。
昨年私は附属病院で
歯科臨床研修医として所属していましたが、
所属中に疋田教授による
CAD/CAM冠の簡易な講義も行われ参加しました。

CAD/CAM冠は、
2014年4月から第一・第二小臼歯
(前から数えて4番目、5番目の歯)が条件なしで、
2016年4月から大臼歯(所謂奥歯)が
金属アレルギーと診断された人のみに、
そして昨年2017年12月からは
条件付きで下顎の第一大臼歯
(前から6番目の歯、6歳頃生えてくる大人の歯)が
公的医療保険の適用となりました。

疋田教授曰く
『適用範囲が少ないのは臨床件数が少ないから』
であるらしく、
これからより研究が進めば
保険適用の範囲は増えていくと思われます。


現時点で先程あげた適用の中で
CAD/CAM冠を着けてみたい、
興味が出たという方は私他、スタッフに
ご相談くださいませ。


歯科医師 松岡 佑樹

2018年7月 7日

こんにちは。
4月から長谷川歯科医院にて勤務しております
歯科衛生士の川島です。
まだまだ未熟ですが、
たくさんの同期と先輩方に囲まれ、
努力と成長の日々を送っております。

最近真夏日が続きますが、体調を崩されてはいませんか?
サッカーワールドカップも連日放送され、
残念ながら日本は対ベルギー戦で負けてしまいましたが、
熱い展開だったと思います。
時差の関係で試合中継も夜遅くになってしまいますが、
皆様寝る前に歯磨きをしっかり行なっていただけているでしょうか。

さて、本日は『歯磨き粉』について
少しお話させて頂きたいと思います。

歯磨き粉はどこのお店でも売られている身近なものですが、
購入される際に後ろの成分表をご覧になったことはありますか?
成分表を見なくてもパッケージの表面などを見て
判断する方が多いと思いますが、
自分の目的に合った成分を確認して
購入してもいいかもしれませんね。
その中でも代表的な薬用成分をご紹介いたします。

むし歯ケア
歯垢の除去、付着防止:デキストラナーゼ
むし歯の発生、進行予防:フッ化ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム

歯周病ケア
歯肉炎、歯周病の予防:イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、塩化セチルビリジニウム、トラネキサム酸、アミノカプロン酸

知覚過敏ケア
歯がしみるのを防ぐ:硝酸カリウム、乳酸アルミニウム

ホワイトニングケア
ヤニの除去:ポリエチレングリコール、
歯石の沈着を防ぐ:ポリリン酸ナトリウム

このように、成分表の中には薬用成分が入っている場合があります。
もし新しい歯磨き粉を購入される際、
成分表を見て判断してもいいかもしれませんね。

当院では市販の歯磨き粉ではなく、
歯科専売の歯磨き粉も取り扱っておりますので、
気になる方は担当の医師や歯科衛生士にご相談ください。

歯科衛生士 川島 春美

2018年6月30日


こんにちは、歯科医師の廣石です。
暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
これだけ暑いと避暑地などに行きたくなるものです。

日本の避暑地のひとつである軽井沢。
長野県中にある軽井沢には、
石の教会とも呼ばれる内村鑑三記念館があります。

皆様は標題の言葉をご存知でしょうか?

我々歯科医師の間ではなかなか有名な言葉です。
大正15年、かの内村鑑三先生が軽井沢の星野温泉に逗留中とうりゅうちゅう
突然激烈な歯痛に襲われました。
しかし現地の歯科医院で受けた歯科治療によって
程なくその歯痛から解放されたのだとか。
そしてその喜びを、言葉にして残したのだそうです。


Dentistry is a Work of Love

直訳すれば「歯科医術は愛の仕事」となります。
しかし内村鑑三が
世界的に知られたキリスト教思想家である事を踏まえると...

「歯科医術は愛の御業である」

そう訳すのが自然だと言えるでしょう。
聖書において愛とは我々ではなく、
神からの一方的な愛であると表現されています。
キリスト教思想家である内村鑑三が
その事を知らない筈はありません。
歯科医術を神の御業と同列に表現したところに、
歯痛から解放された彼の喜びの大きさが
推察できるというものです。

神の御業とまで言われると
責任の重さに潰されそうになりますが、
一人でも多くの患者様を苦痛から解放できるよう、
日夜励んでいきたいと思っています。

この内村鑑三の書は軽井沢・石の教会に保存されています。
是非一度足を運んでみては如何でしょうか。

歯科医師 廣石 勝也

2018年6月23日


こんにちは。歯科医師の豊田です。
先日大阪北部地震が生じてから
余震、大雨と嫌な気候が続いていますね。
マグニチュード6.1と
近年の大阪では類を見ない大きな地震だった為、
気が気でない方も多いと思います。
 
震災時の備えとしてまずパッと浮かぶものは
まず水や食料、思い出の品や
通帳、カードなどの貴重品でしょうか。

意外と非常用品として忘れがちなのが口腔ケア用品です。

一般的には「そんなもの無くても...」と考えられがちですが、
歯科医師の立場からすれば、
震災時には水も不足する事も多く、
口腔内が乾燥し唾液も出にくくなる為、
歯周病やむし歯も進行しやすくなります。
特に免疫力の落ちている高齢者や糖尿病の方は
誤嚥性肺炎等にも罹患しやすくなり、
最悪命にも関わる事もありますので、
避難した際に口腔ケアができるよう準備しておく事はとても大切です。

では口腔ケア用品として実際に何を準備しておけば良いのか...?
と疑問に思われますよね。
突然たくさん持って逃げる事など出来ないと思いますので、
極論を言えば私は、
・新品の歯ブラシ一本
・デンタルフロスが一つ
(ブリッジ等の繋がった歯が口腔内にある方は
スポンジ付きのフロスも一ついると思います)、
・舌ブラシ
があれば十分口腔ケアは行えると思います。

なぜなら、むし歯も歯周病も
原因は口腔内の細菌、バイオフィルムなので、
それを除去しさえすれば
口腔内を清潔に保つ事を可能だからです。
避難時には水分が不足しがちなので
うがいしなければならない歯磨き粉は
あまり非常時には向いていないと思います。

もし歯磨き粉を持っていきたいな...と思われるようでしたら
うがいする必要の無い液体歯磨きや
フッ素ジェルなどが適していると思います。

防災グッズの見直しをする際に、
是非参考にしてくださいね。


長谷川歯科医院では
診療時にもしも余震や避難の必要性が生じた場合、
焦らずすぐに適切な対応が行えるよう
スタッフ全員が防災マップを共有しています。
安心してお越しくださいね。
スタッフ一同お待ちしております。


歯科医師  豊田 俊恒

2018年6月16日

こんにちは。アシスタントの重田です。
早くも6月に入り梅雨の時期ですね、
気温の変化で体調を崩されていませんか?


以前にもご紹介いたしましたが、
現在、長谷川歯科医院では
マナー研修として月に数回、
富川美栄先生というとても素敵な講師にお越しいただいて
マナー研修を開催しております。

''マナー''や''常識''と言うのは、
育ち方や考え方で人それぞれ違うと思いますが、
根幹にあるのは
ホスピタリティ=心のこもったおもてなし です。

富川先生に教えて頂くマナー研修は、
挨拶やお辞儀、言葉遣いなどをはじめ、
根幹の部分やコミュニケーション、メンタルデザインまで学びます。
生きていく中で本当に大切な事ですが、
出来ているようで実際はできていないこともありますし、
簡単なようでとても難しいです。
学んだ事を日々意識しながら患者様に対応させていただいております。

富川先生のお話を伺い、
患者様へのお声がけや、挨拶など
どの年代の方から見てもおかしくないと思われるような
きちんとした丁寧な対応が出来ているのか
自分を見つめ直す機会にもなりました。

普段の生活の中でも、
食事や話す際のマナー、話を聴く側のマナー等
いろんなマナーがあり、とても奥深く、
実践できると達成感と実感の他に面白さがあります。
人として成長し、より良く生きるために
これからももっともっと学ばせていただき、
学んだ事を活かして行きたいです!

自分の知らない事や、今まではあまり興味のなかったことでも
見方を変えてみると とても面白いことが発見できました。
学んだことを元に、アシスタントとして日々前進していきたいです(^^)

気温の変化で体調を崩しやすい時期ですので
皆様どうぞ体調に十分お気をつけ下さいませ。

アシスタント 重田珠里

2018年6月 9日

こんにちは。歯科医師の竹村 綾貴です。
梅雨の季節到来で雨の多い日々が続きますが、
いかがお過ごしでしょうか?

この数年、我が家ではこの時期は
実家の庭にある梅の木から梅を採取して
自家製の梅酒や梅干しを作るのが
恒例となっておりまして
既に梅干しを塩に漬け込む下ごしらえまで終わりました。

takemura1.jpg

数週間後にはシソで赤く染めてから
天日干しにしていきます。
今年も上手くできるといいですが・・・

さて梅つながりから大阪梅田のお話になりますが、
梅田に『歯』の神社があるのをご存じでしょうか?
名前はそのまま『歯神社』で、
場所は商業施設のエストの裏手にあり、
若者向けのお店が立ち並ぶ街並みの中にポツンと存在しています。

takemura2.jpg
takemura3.jpg


公式HPによれば、数百年前に梅田一帯が大洪水に遭った際、
地元の人が祀っていた稲荷神の
御神体である巨石(現在の本殿地内に鎮座)が
水流に歯止めをかけて水没を防いだことから、
歯止めの神様として信仰されるようになったとされます。

この後、「歯止め」という言葉が転じて、
「歯痛止め」にご利益があると言われるようになり、
そのうち歯神社と呼ばれるようになったそうです。

歯痛に効く神様として信仰を集めている歯神社ですが、
「歯業成就」ということで
歯科医師や歯科技工士など
歯科の治療に関わる業種の方々をはじめ、
歯科医師を目指す学生さんや、
歯ブラシや歯磨き粉などに携わる業種の方々も
お参りにきているそうです。
私も過去に国家試験前に参拝したことがあります(笑)

それから歯神社では年に一度、
6月4日の虫歯予防デーに「歯神祭」が執り行われています。 

takemura4.jpg

参拝者や氏子の一年間の歯の健康が祈念されるおまつりで、
お祓い済みの歯ブラシをいただけるそうです。

とはいえ神様にお願いしなくても済むように
歯が悪くならない生活習慣を身につけることを
意識していただくことと、
お口の定期的な健診にお越しいただくことを
おすすめいたします。

雨の多い季節柄、お足元の悪い時期ではありますが
スタッフ一同お待ちしております。

歯科医師 竹村 綾貴

2018年6月 2日

こんにちは!アシスタントの渡部です!!
本年度から早2ヶ月が経って
だんだんと暑くなってきて、夏が近付いてきていますね!
アイスなど冷たい食べものが恋しくなってきて
ついつい食べてしまう季節になりました。
皆様は冷たいものを食べた時に
「キーン」としみることはありませんか?

今回は、知覚過敏についてお話させていただきたいと思います!

知覚過敏になる原因は沢山あります。

間違った歯磨き方法
硬い歯ブラシでゴシゴシと力任せに磨く習慣があると
歯の表面が傷ついてしまいます。

歯ぎしり
歯ぎしりもまた知覚過敏になる原因の1つです。
歯ぎしりにより歯が削れたり欠けたりすることがあります。
歯ぎしりの原因はストレスや疲れ、噛み合わせの悪さだと言われています。

歯周病
歯周病は歯を支える組織が破壊される病気です。
進行すると歯茎が下がり、
やがて歯の根元や象牙質が露出して知覚過敏の原因となります。
また加齢でも歯茎が下がり知覚過敏の原因となることがあります。

そこで、自宅で出来る対処法を紹介したいと思います!!

優しい力で歯磨きする
歯ブラシの毛先が多少しなるくらいの力で磨きましょう。
強く磨いた方が歯の汚れが落ちると思いがちですが、
実際は歯に負担がかかるばかりです 。
磨き方やどんな歯ブラシを使用した方が良いかなど、
分かりにくい場合は当院スタッフにご相談ください!

歯に優しい歯磨き粉を使う
歯磨き粉には様々な薬用成分が含まれてます。
フッ素が含まれた歯磨き粉がおすすめで、
歯の表面のエナメル質を強くするのに効果的です!

しっかりと噛む
しっかり噛むことで唾液の分泌が促進されます。
唾液には※再石灰化作用があり、
歯から溶けだしたカルシウムなどのミネラルが
再び歯質に取り込まれます。
歯質が修復されることによって、
知覚過敏の症状が治まってきます。


※再石灰化とは・・・歯を守るためのメカニズムで、
          お口の中で常に起きている現象です。
          唾液が溶けだしたカルシウムイオンやリン酸イオンを
          再び結晶化し、修復するということです。
          初期むし歯は再石灰化によって治すこともできます。


このように原因と予防方法が分かれば
知覚過敏を抑えることができます!

それでも治りにくいという方は、
レーザーの治療や、歯の削れたところを埋める治療もできますので、
いつでもお気軽にお声かけください!

アシスタント 渡部 紗矢香

2018年5月26日

こんにちは。歯科医師の八幡です。
新年度が始まり、もう2か月が過ぎようとしています。
だんだんと気温も高くなり夏を間近に感じます。

さて、今回はむし歯について
お話をさせて頂こうかと思います。

むし歯は細菌が出す酸により、
歯質(エナメル質や象牙質)が溶かされ発生する病気です。
酸性度が強くなると、歯の表面のエナメル質が溶けはじめます。
通常は、40分~60分ほどで唾液によって中性状態に戻り、
一度溶けたエナメル質が元に戻ります。

ところが、だらだら食いのように、
いつも口の中に食べ物が入っている食べ方をしたり、
食べかすが残ったりしていると、
中性の状態に戻るのに時間がかかり
むし歯が発生しやすくなります。

歯、むし歯菌、食生活、時間という要素が関係して
むし歯になるのです。


それでは、どうすればむし歯を予防できるかというと、
これらの要素を取り除けば予防することができます。

つまり、
①細菌を取り除く
②だらだら食いをしない
③歯質を強くする
ということです。
具体的に提案してみましょう。

①細菌を取り除く
主な方法は、歯磨き(ブラッシング)です。
歯ブラシを小刻みに往復運動させる「スクラビング法」
歯と歯茎の境目に、ブラシを45度にあてて、
溝にたまったプラークを除去する「バス法」等がおすすめです。

②だらだら食いをしない
甘いものが口の中にある回数や、時間を少なくすることです。
食事はしっかり食べ、おやつは1日2回、
決まった時間にとるようにしましょう。
規則正しい食生活を心掛けましょう。

③歯を強くする
フッ化物を歯に塗ることにより、
歯の質が強くなり、歯が酸に溶けにくくなります。


このようにむし歯の原因を取り除くことで、
むし歯は予防することができます。
過程での口腔ケア、生活習慣の見直し等が重要です。
また、定期的な歯科医院での検診、
プロによるお口の中のメンテナンスも必要です。

痛みがなくても予防のために
長谷川歯科医院に足をお運びください。
心よりお待ちしております。

歯科医師 八幡 敏行

2018年5月18日

こんにちは!アシスタントの吉山です。
ゴールデンウィークも終わり
もう約2週間が経ちますね( ^ω^ )
気候も暑かったり、肌寒かったりで
風邪が流行っているようです。
皆様、体調は崩されていませんか?

さて、皆さんゴールデンウィーク中、
美味しいものをたくさん食べられましたか?
私は、食べ過ぎてしまいました。笑
夜更かしをして
歯磨きもおろそかになってしまい、
朝になり、口の中が『嫌な感じ』になり、
子供達には「おくちくさーい( ̄^ ̄)」
っと言われてしまいました。笑

さて、今回はそんなお口の臭いについて
お話しをしたいと思います!!

お口が臭う原因は数種類あります!

① 【タバコ.お酒や匂いのキツイ食べ物を食べた】事により、
お口の中に臭いが残ってしまう。

② 胃や、肝臓が悪い。
または糖尿病や、癌である、などの
【病気】が原因で臭ってしまう。

③【むし歯】になっている歯を放っていた為に
歯髄(神経)が腐って死んでしまい、
膿が溜まってしまって、
度々膿が出てきてしまい、臭ってしまう。

④【歯周病】による、歯肉炎.歯周炎でできた膿が
歯周ポケットに溜まり、臭いがしてしまう。

⑤舌に沢山の【食べカス.細菌の死骸】が溜まり
そこに細菌が繁殖して腐敗臭がしてしまう。
もしくは、舌磨きをして舌の細胞を傷つけ
傷ついた細胞が、細菌の餌になり
舌に舌苔(舌に付いている白いもの)が溜まり
腐敗臭がしてしまう。

⑥【膿栓】(細菌や食べカスやゴミが固まってできた白い玉)が
口の中、喉にできて溜まってしまい、臭いがでてしまう。

どうでしょうか?
何か心当たりのあるものはありましたか?

「最近、口が臭うな...」と
気にされている方もいらっしゃるかもしれません。
「気にはしてるけど、人に相談しにくい...」
と思った方は
私共、長谷川歯科医院のスタッフに
どうぞお気軽にご相談ください!

『口臭』は相手も、またご自身も
とても気にする事だと思います。

皆様が笑顔で、楽しくおしゃべりや
お食事ができるお手伝いができたら幸いです!♡
どんな事でも是非!お気軽に!
お声かけくださいませ(*´ω`*)!

アシスタント 吉山 梨緒菜

2018年5月12日

こんにちは。
歯科医師の高山です。

突然ですが、
みなさんは子どもの頃乳歯が抜けたとき
あるいは、お子さまの乳歯が抜けたとき
どうされたでしょうか。

子どもの頃、私は乳歯(子供の歯)が抜けると
両親がケースに入れて
大切に保管してくれていたので
それが普通だと思ってましたが、
友人から
「乳歯が抜けたら歯を屋根に放り投げたり縁の下へ投げたりする」
と聞いてとても驚いた記憶があります。

先日
『せかいのこどもたちのはなし はがぬけたらどうするの?』
という本を手にしたのですが、
抜けた乳歯にまつわる世界の様々な習慣が紹介されていて
興味深く読み進めました。

欧米では枕の下に乳歯を入れておくと
歯の妖精が来て乳歯と交換にコインを置いていく
というお話が多いようですが、
コスタリカでは母親が抜けた歯に
金メッキをしてイヤリングを作る、
チリでは母親が抜けた歯に金か銀の鎖をつけて
小さなペンダントやイヤリングにする、
マリでは抜けた歯を鶏小屋に放り込んでおくと
翌日鶏小屋にまるまる太ったメンドリがいて
そのメンドリでチキンスープを作る・・・
といった、日本ではなかなか
考えられないような習慣のある国もあるようで驚きました。

また、ネズミには丈夫な歯とか白い歯というイメージがあるのか
ネズミがやってきて乳歯を持って行く代わりに
お金やプレゼントを置いていくという国も多いようです。

世界には様々な抜けた乳歯にまつわる習慣がありますが、
「歯が生え変わるときに
丈夫な永久歯(大人の歯)が生えてきますように」という願いは
万国共通と言えると感じました。

乳歯も永久歯も誰にとっても大切な歯。
長谷川歯科医院では、
みなさまのお口の健康を守るお手伝いが出来ればと
日々努力して参ります。
気になることがあればいつでも気軽にお声がけください。


歯科医師 高山知子

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長谷川歯科医院院長 長谷川 昌徳

医療法人社団徳旺会
長谷川歯科医院

院長 長谷川 昌徳

〒554-0002 大阪府大阪市此花区伝法2丁目4-4
TEL:06-6461-8211

当院は、昭和9年(1934年)に私の祖父が開業してから70有余年になります。父が2代目、そして私が3代目として受け継いできましたので、患者さまの中にも、親子2代、3代にわたって通っていただいている方が少なくありません。

祖父や父が築いてきた歴史や信頼を思うとき、責任の重さを感じることがあります。自分が後をついで歯医者になったことで、下降線を辿りたくないといいますか、祖父や父が残してくれた当院を、しっかりと受け継いでいきたいと思います。