トップへ » 治療について » インプラント » 光機能化技術

光機能化技術

【セラビーム アフィニー】インプラント体と骨の結合状態を最善にインプラント光照射器
当院が導入しているセラビーム アフィニーは、インプラント体(チタン)に特殊な処置を施すことにより、骨と密着しやすい状態を作り出す最新機器です。日本の限られた施設のみに使用許可がおりているもので、現在、日本でこの機器を設置している医院は0.5%未満です。

インプラントの材料であるチタンは、生体親和性が極めて高く、骨と結合するという特徴を持っています。しかし、製造から長い時間が経過したチタンの場合、骨との接着力が劣化していて、せっかくインプラントを入れても骨とうまく結合しないケースがありました。

ところが、最近の研究により、チタンに紫外線を照射すると接着力が回復するということが解りました。これにより、インプラント体と骨の結合状態が最善の状態に保たれるため、インプラント手術の成功率がより向上しています。

≪光照射器のメリット≫
・インプラント体と骨の結合状態が最善の状態に保たれ、短時間で治療完了できるといわれている
・インプラント手術の成功率がより向上すると考えられている


トップへ » 治療について » インプラント » 光機能化技術


コールバック予約

PAGE TOP