トップへ » 治療について » 審美歯科 » 詰め物の選択や交換による審美治療

詰め物の選択や交換による審美治療

詰め物の選択や交換自歯の黄バミや変色を美しくするには、ホワイトニングという方法があります。しかし、以前の治療で使った詰め物の変色や、金属の詰め物が目立ってしまうことなどは、ホワイトニングでは解決できません。

補綴物の色が気になるケースとしては、歯と歯茎の隙間の黒ずみや、クラウン(差し歯)の色調が周囲の歯と合っていないといったことが挙げられますが、これらは、補綴物の素材を選び、やりかえることによって、好みの白さや、お口全体の色調に合わせることが出来ます。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » 詰め物の選択や交換による審美治療


コールバック予約

PAGE TOP