トップへ » 治療について » 小児矯正 » インプラント矯正/"もっと短期間で!"という方へ

インプラント矯正/"もっと短期間で!"という方へ

インプラント矯正インプラント矯正とは、「アンカー」とよばれる小さなスクリュー(小さなインプラント)を歯ぐきに埋入し、これを固定源として歯を引っ張ることで、効率的な治療ができる画期的な矯正方法です。

インプラント矯正の治療期間は、従来方法の約半分程度が目安です。また、効率的に歯を引っ張り続けることができるため、仕上がりが美しいのも特徴です。

歯ぐきに入れるスクリューは、ほんの数ミリの大きさしかありません(小さなピン程度だと考えてください)。麻酔を使って骨に埋入していくので、手術の痛みもほとんどありません。

※インプラント治療で用いるアンカーは薬事承認しか受けていないため、患者さまには同意書を書いていただいています。


トップへ » 治療について » 小児矯正 » インプラント矯正/"もっと短期間で!"という方へ


コールバック予約

PAGE TOP