トップへ » 治療について » 小児歯科 » 歯医者を怖がるお子さまの治療もお任せください

歯医者を怖がるお子さまの治療もお任せください

小児歯科

院長である私自身が子供好きなこともあって、お子さまの治療も得意なほうだと自負しています。小児科に努めている先輩からも、子供さんの治療についてのアドバイスを受け、私だけでなく、アシスタントを含めたスタッフ全員がお子さまへの対応を学んでいます。

できるだけソフトに、やさしく接することを心がけていますし、声が大きく威圧的な感じになったり、強い口調にならないようにと、しゃべり方や言葉遣いにも気をつけています。

何もせずに帰らせることはありません
ただし、やさしく接するばかりではなく、多少強引になってしまう部分もあるかも知れませんが、「どんなに嫌がるお子さまにも、ある程度の治療はする」「何もせずに帰らせることはしない」ということもモットーにしています。

小児歯科保護者様にとっては、お子さまを大切に扱ってほしいと思う気持ちと同じくらいに、「せっかく連れて来たのだから、何とか治療してほしい」というお気持ちもあると思うからです。私自身、虫歯などの痛みを抱えたお子さまを、そのまま帰らせてしまうことのほうが、可哀想に思えて仕方ありません。

多少暴れていても、安全を確保しながら治療を行う自信もあります。また、どうしても無理だと判断した場合には、必要最低限の治療を、出来る限り手早く速やかに終わらせる工夫や努力もしていますので、安心してお連れください。


トップへ » 治療について » 小児歯科 » 歯医者を怖がるお子さまの治療もお任せください


コールバック予約

PAGE TOP