トップへ » 治療について » 小児歯科 » 怖がらせないためにも、お子さまにもきちんと治療説明をします

怖がらせないためにも、お子さまにもきちんと治療説明をします

お子さまにも治療説明をします相手がお子さまであっても、「どうして治療をしなくてはいけないのか」「どんな治療をするのか」などを、分かりやすく説明するようにしています。お子さまだって、「何をされるのか」が分からないまま「はい、口をあけて~」と言われたのでは、怖いはずだ...と思うのです。

ですから、すぐに治療に入るのではなく、まずはお子さまといろいろお話をして、コミュニケーションをとるようにしています。また、治療が終わったときにはたっぷりと褒めて、次回の説明もしっかりします。そして、「次もまた、一緒に頑張ろうな」と声をかけるようにしています。


トップへ » 治療について » 小児歯科 » 怖がらせないためにも、お子さまにもきちんと治療説明をします


コールバック予約

PAGE TOP