トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病は、自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気

歯周病は、自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気

歯周病治療

歯周病とは、歯垢に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染して起こる感染症です。歯と歯ぐきの間に炎症が起こり、進行すると歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりして、最終的には歯が抜けてしまいます。

初期の歯周病には自覚症状がほとんどありません。そのために気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

「歯ぐきが後退してきている」、「歯ぐきから血が出る」、「歯がグラグラする」という症状が出るころには、歯周病がかなり進行していると言えます。そこまで進行する前に歯周病に気づき、少しでも早く治療を始められるよう、当院では、定期検診の受診をお勧めしています。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病は、自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気


コールバック予約

PAGE TOP