トップへ » 治療について » インプラント

インプラントとは?

インプラント

虫歯や歯周病、事故などによって歯を失ってしまった場合、元の状態に近づける方法として挙げられるのが、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3つの治療方法です。

なかでも、私たちがお勧めするのは「インプラント」治療です。インプラントは、あごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法。

失った歯の周囲に残っている健康な歯を削るなど、ほかの歯に負担をかけることなく治療できる上に、見た目の美しさや機能的にも優れた最新の治療法です。

インプラント
インプラントの特徴
・何でもよく噛める
・入れ歯のような不快感がない
・ブリッジのように他の歯を削る必要がない
・他の残っている歯を守ることができる
・見た目も美しい

患者さまから頂いた言葉メッセージ

日々進化するインプラント治療を学び続けています

インプラント治療を学ぶ私・長谷川は、日本口腔インプラント学会と国際インプラント学会(AIAI)の両方に席を置き、認定医の資格を得ています。

AIAIとは、ドイツに本部がある国際的なインプラント学会で、認定医になるためには、学会が実施している認定試験や症例提出をクリアし、インプラント認定医としての高い技術・経験を認められる必要があります。

さらには、認定医資格に甘んじることなく、日々進化し続ける情報を得て、技術を高めるために、ニューヨークやスウェーデンへも出向いて、最新のインプラント治療を学び続けています。

インプラントを成功させるための設備を完備

当院では、医師が常に勉強と経験を積み、技術を高める努力を続けるとともに、「他の空間から隔離されたオペ室」や「安全・確実な治療を可能にする歯科用CT」などを完備して、確実でハイレベルな治療を実現しています。

歯科用CTで確実な治療を~骨の中身を事前にチェックインプラント設備
歯を支えるあごの骨には窪みや傾きがあり、神経や血管が多く通っています。その流れは複雑で、レントゲン写真では、骨の影になった神経や血管を確認できません。

複雑な神経系や血脈な流れ、筋肉や骨の構造をより良く把握するために、CTは欠くことのできない設備です。 インプラント歯科医にとって、CTは言わばナビゲーション。CTを使えば、死角ゼロの手術が可能です。

また、院内にCTを完備していない医院では、大学病院・提携クリニックでCT撮影を行うため、撮影までの期間が長くなったり、別途日程の調整が必要な場合がありました。しかし、当院では院内にCTを完備しているため、治療をスムーズに進めることが可能です。

【歯科用CTの導入メリット】
(1)インプラントを入れる位置、方向のシミュレーションが可能
(2)難易度の高い場合でも手術できる
(3)事前の確認が可能なため、メスで開くことが少ない⇒患者さまの負担軽減
(4)治療時間の大幅な短縮

専用のオペ室を完備しています
インプラント設備インプラント治療は、生体に生体外物質を移植する手術を伴うため、手術器具等の滅菌も最高レベルを維持することが必要です。患者さまに安心してインプラント治療を受けていただけるよう、当院では、通常の歯科治療のスペースとは別に、インプラント専用のオペ室を完備しています。

院内感染を防いでインプラント手術を成功させるために、専用のオペ室のほか、器具の洗浄機・滅菌パック・滅菌器による滅菌システムなどによる感染対策も徹底し、無菌室に近い環境体制になるよう心掛けています。

ウトウトしている間にインプラント手術~静脈沈静法

静脈沈静法「インプラントには興味があるけど、どうしても手術が怖い」という方もきっと多いはず。そこで、当院のインプラント手術では、専門の麻酔医による"静脈沈静法"といわれる特殊な麻酔方法を導入しています。

この麻酔の特徴は、半分寝たような状態で手術を受けることができること。ハンモックでゆらゆらと揺られているような状態を想像してみてください。静脈沈静法での治療は、まさにこんなイメージ。もちろん、治療中の記憶はほとんどありません。ですから、治療があっという間に終わる感覚です。

この麻酔によって、多くの患者さまがインプラント治療を成功させています。

当院で実施しているインプラントの術式

インプラントの術式インプラントには、さまざまな術式があります。当院では、歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント」という方法も行っていますので、ご希望の方はご相談ください。

ただし、患者さまの歯や歯槽骨の状態などによって、採用できる術式と、できない術式があります。個々のケースに最も適した方法をご提案しますので、まずは一度ご来院ください。


●骨造成手術/GBR法
インプラントを埋入する部位の骨が不足していて、インプラントの一部分が骨から露出してしまう場合に、そこに骨を作り、インプラント全体が骨内に収まるようにするための技術です。

歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置いて骨の再生を促します。個人差がありますが、4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントの安定性が確保されます。

●スプリットクレスト
骨の高さはあるが幅が足りない場合に、隙間を押し広げながらインプラントを埋め込む方法です。

●ソケットリフト
上あごの奥の骨が薄い時に、鼻の空洞の中を押し上げ、そこに骨を追加してインプラントを同時に埋め込む方法です。 インプラントを埋める部分から押し上げるので、傷口が小さくて済む点がメリットです。

●サイナスリフト
上あごの奥の骨が極度に薄い(5mm未満)時に、口の中から鼻の空洞に穴を開け、骨を足し(骨造成)、そのあとにインプラントを埋め込む方法。ソケットリフトとの違いは、上あごの奥の骨の厚さに依存します。

●無切開手術(フラップレス)術式
切開・剥離・縫合を省いた術式です。手術時間が短縮され、出血もほとんどないため術後の腫れや痛みも大幅に軽減できる点がメリットです。

●即時(即日)荷重インプラント
インプラントの埋入手術を行い、48時間以内に仮歯をつけられる方法です。固定式の歯で食事も可能になりますが、条件が限られた方にしか行えない診療方法でもあります。

●抜歯即時インプラント
歯を抜くと同時に、その穴にインプラントを埋入する方法です。手術が1回で済むことでの短期化、切開が不要なことで腫れにくく、痛みが少ないなどのメリットがあります。

当院のインプラント症例はこちら

一般的なインプラントの治療の流れ

インプラント治療の流れ【STEP 1】診査・診断
インプラント治療に必要な診査と診断をパソコンで分析し、治療計画を立てます。

次へ

インプラント治療の流れ【STEP 2】一次手術(インプラント埋入手術)
インプラントを埋入する部分の歯肉を切開し、あごの骨にインプラントを埋入した後に、開いた歯肉を縫合します。
この後、下あごで4ヶ月、上あごで6ヶ月程度の時間をおき、骨とインプラントがしっかりと結合するまで待ちます(期間は個人差があり、骨の質によっても異なります)。

骨とインプラントの結合を待っている間は、必要に応じて仮歯を入れますので日常生活には差し支えありません。

次へ

インプラント治療の流れ【STEP 3】二次手術(新しい歯を装着する準備の手術)
再び歯肉を開いて、インプラントに支台部(歯を直接支える部分)を接続します。

この後、3週間から1ヶ月程度の時間をおいて歯肉の治癒を待ちますが、この期間も、必要に応じて仮歯を入れますので日常生活には差し支えありません。

次へ

インプラント治療の流れ【STEP 4】新しい歯の製作と装着
歯を製作するために型をとり、その型に従って人工の歯を製作。人工の歯を支台部に装着したら完成です。

保証期間は7年です

保証期間7年インプラント治療終了後、定期検診にメインテナンスを受けていただけている患者さまには、インプラントのトラブルに関して7年間、保証させていただいています。保証期間中の破損、脱落および不具合は、無料にて修理、再装着または再製作いたします。

ただし、患者さまの不注意や事故、外傷など、当院の責任ではない場合や、当院の指示にない使用法をされていたり、メンテナンスに応じていただけない場合のトラブルに関しては、一部、または全額が患者さま負担となりますのでご注意ください。

治療後のメンテナンスが「長持ち」の秘訣です

長持ちの秘訣インプラントは、歯みがきなどのお手入れをきちんと行っていれば、とても長持ちします。逆に、ケアが不十分であれば、歯周病と同じような状態になり、機能を失ってしまうこともあり得ます。

そのため、当院では、インプラントのメインテナンスは慎重かつ丁寧に行っています。3ヶ月~4ヶ月に一度は定期検診を受けていただき、インプラントの状態をチェック。それによって、より長く、快適に使用していただけるよう努めています。

歯がキチンと機能しているか、頬などを噛むことがないか、話にくくないか、などをチェックすると同時に、歯垢や歯石の沈着を予防するため、インプラントの形をよく理解した上で確実なブラッシングができるよう、歯みがき指導も行っています。

光機能化技術

【セラビーム アフィニー】インプラント体と骨の結合状態を最善にインプラント光照射器
当院が導入しているセラビーム アフィニーは、インプラント体(チタン)に特殊な処置を施すことにより、骨と密着しやすい状態を作り出す最新機器です。日本の限られた施設のみに使用許可がおりているもので、現在、日本でこの機器を設置している医院は0.5%未満です。

インプラントの材料であるチタンは、生体親和性が極めて高く、骨と結合するという特徴を持っています。しかし、製造から長い時間が経過したチタンの場合、骨との接着力が劣化していて、せっかくインプラントを入れても骨とうまく結合しないケースがありました。

ところが、最近の研究により、チタンに紫外線を照射すると接着力が回復するということが解りました。これにより、インプラント体と骨の結合状態が最善の状態に保たれるため、インプラント手術の成功率がより向上しています。

≪光照射器のメリット≫
・インプラント体と骨の結合状態が最善の状態に保たれ、短時間で治療完了できるといわれている
・インプラント手術の成功率がより向上すると考えられている

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較

ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
インプラント
インプラント
治療法 歯を失った場所に人工の歯を、両隣の歯を土台にして、人工の歯を支える方法 歯を失った場所の周囲に金属の留め金をつけて固定させる方法。取り外しが可能。 失った歯根の代わりに人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる方法
メリット ・装着しても違和感があまりない
・審美性に非常に優れている
・保険が適用できるケースがある
・ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効
・健全な歯を削らずに補える
・保険が適用できる
・違和感なく噛むことができる
・噛む力は天然歯の約80%回復するので、固いものを噛むことができるようになる
・隣の歯を削る必要がない
・審美性に非常に優れている
デメリット ・両隣の歯を削る必要がある
・支えになる歯には大きな力がかかる為、将来的にその歯を失うことの原因となる場合がある
・ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間の部分に食べ物カスがつまり、口の中が不衛生になりやすい
・噛む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになる
・取り外して手入れをする必要がある
・口の中に違和感を感じやすい
・食物が挟まって口の中が不衛生になりやすい
・顎の骨に埋め込む為の外科手術が必要
・定期的な検診(メインテナンス)を怠ると長くもたない
・保険適用外の為、高額である

トップへ » 治療について » インプラント


コールバック予約

PAGE TOP