トップへ » 治療について » 歯周病治療

歯周病は、自覚症状がないまま進行する恐ろしい病気

歯周病治療

歯周病とは、歯垢に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染して起こる感染症です。歯と歯ぐきの間に炎症が起こり、進行すると歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したりして、最終的には歯が抜けてしまいます。

初期の歯周病には自覚症状がほとんどありません。そのために気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。

「歯ぐきが後退してきている」、「歯ぐきから血が出る」、「歯がグラグラする」という症状が出るころには、歯周病がかなり進行していると言えます。そこまで進行する前に歯周病に気づき、少しでも早く治療を始められるよう、当院では、定期検診の受診をお勧めしています。

院長からのアドバイス/こんな症状が出たら要注意です!

要注意・歯ぐきの色が黒っぽい
・歯肉が腫れている
・歯磨きの時、出血する
・口臭が強い
・時々、歯ぐきが腫れる
・朝、口がねばる
・歯を磨く時痛い
・噛みづらい

【当院の特徴】歯周内科

歯周内科当院では、口腔内科治療の一環として投薬治療をおすすめしております。原因菌を抑え、むし歯を予防するための画期的な治療薬や免疫力向上を促す補助食品の取り扱いもございます。

毎日きちんと歯を磨いているのにむし歯になったり、治ったはずの歯周病が再発したりする理由として、菌質(※菌質とは身体に500兆個以上共生している菌の種類やバランス)が考えられます。優れた善玉菌を体内に補給し、悪玉菌の力を抑えこみ、菌質を変える手法を「バクテリアセラピー」と言います。

歯周病の原因となる歯周病菌を除去することで、歯周病の症状を緩和させることが可能ですし、歯ぐきを切るなどの手術が不要なため痛みもなく、比較的短い間で治療を終えられるという特徴があります。また歯周内科は、歯周病の予防法としてもおすすめです。

<歯周内科のメリット>
・お薬による内科治療なので、身体への負担が少なく、痛みがまったくありません。
・治療回数は最短で1回の服用で済む
(※お薬による改善の後は、定期的なメンテナンスが必要となります)

歯周内科の治療の流れ

歯周内科の治療の流れ【STEP 1】
まずはじめに、歯周精密検査・位相差顕微鏡による検査を行います。検査に基づき、今の現状をご説明します。必要があれば歯磨き剤をお渡しします。

次へ
歯周内科の治療の流れ【STEP 2】
歯科衛生士が歯磨きの指導をさせていただきます。まず普段のブラッシングをしていただき、その後にレクチャーを行い、患者さまに合った道具と磨き方をご提案させていただきます。

次へ
歯周内科の治療の流れ【STEP 3】
内服薬をお渡しします。1回の服用でほぼ改善できます。

次へ
歯周内科の治療の流れ【STEP 4】
症状が改善されましたら、歯周病のメンテナンスに入ります。かなり進行してしまった歯周病の場合には、歯周内科だけで完治させることは難しいケースもありますが、メンテナンスによって症状の悪化を防ぐことは可能です。

高周波治療器コスモアイキュア

コスモアイキュア当院では、コスモアイキュア(高周波治療器)の使用により、レーザーの光でも届かない部位や、極小範囲での滅菌や殺菌も正確に行うことができます。

コスモアイキュアによる治療の原理
「生体に高周波電流を流すと、電気抵抗が高い部分(患部)で発熱が起こる」という現象を利用して、光では届かない部位や極小範囲での滅菌や殺菌を行う方法です。

虫歯や知覚過敏など、さまざまな治療に活用できる機器ですが、歯周病の治療においては、低出力での発熱で、歯周ポケット内の殺菌や滅菌を行います。耐性菌の心配がなく、長期の使用が可能なため、メンテナンスにも使用できます。

また、急性症状の改善や深部不良肉芽の処理、歯ぐき内に溜まった膿を排出させる際などに使用する場合もあります。メスによる切開に比べて体への負担が最小限に抑えられ、術後の痛みが軽減されます。


トップへ » 治療について » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP