トップへ » 当院の特徴 » いつも先生が変わる不安がありません » 担当医制・担当衛生士を採用しています

担当医制・担当衛生士を採用しています

担当衛生士

患者さまが来院されるたびに違う医師が治療をしたり、違う衛生士がメンテナンスを担当したのでは、「やって欲しいと思っていること」「やって欲しくないこと」が伝わっているのかどうか、不安に思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、カルテなどで情報を保管し、誰が応対しても間違いのない治療を行うことは可能です。しかし、「痛みに関する敏感度」や「接し方の好み」のような細かいニュアンスまでを察するには、やはり、常に同じ医師、同じ衛生士が担当するに越したことはないでしょう。

「一人の患者さまを一人のドクターが診るのは、絶対に必要なことだ」と、私自身が勤務医時代に感じ、当院では「担当医制」「担当衛生士制」を採用し、患者さまとの密なコミュニケーションを図っています。

担当が決まっているからこそのメリットは?
患者さまの中には、医師や衛生士と「話をすること自体」を楽しみにしてくださっている方も少なくありません。特に衛生士に関しては、「絶対に担当制がいい!」とおっしゃる方が多いです。

雑談で「お互いの近況報告」をする中で、患者さまの「さまざまなことに対する嗜好」や「ウィークポイント」などが伝わってくることも多く、それが治療の内容や方向性、スケジュールの入れ方や接し方に活かされたりもします。

患者さまの中には「ココの先生や衛生士さんは、自分自身よりも、自分の口の中のことを分かってくれている」と言ってくださる方も多いです。さらには、医師と衛生士が情報共有をすることにも力を入れているので、「一回来たら、もう他の歯医者さんには行けない」とまで言っていただいています。


トップへ » 当院の特徴 » いつも先生が変わる不安がありません » 担当医制・担当衛生士を採用しています


コールバック予約

PAGE TOP