トップへ » 当院の特徴 » 痛みの少ない治療を心がけています

麻酔の方法や使用する器具にもこだわっています

麻酔方法表面麻酔や、麻酔を必要とする施術などは、十分な訓練を行い、患者さまに痛みを感じさせないよう努力しています。

麻酔に関しては、「痛くない打ち方」というものがありますので、私自身が行う場合はもちろんのこと、スタッフにも十分な指導を行っています。

また、針による麻酔の前に表面麻酔を行い、「チクッ」とした違和感も極力抑え、さらには、一番細い注射針を採用することにもこだわり、痛みが出ないように細心の注意を払っています。

歯は、なるべく削らないようにしています

なるべく削らない一度削ってしまった歯は、詰め物などで補うことはできても、二度と「元の自分の歯」には戻せません。なので、不必要に削ることは決してしません。

しかし、「削らなければならない場合」があるのも現実です。その際にも、削る部分は最小限に抑え、精密な治療を施すことによって、「再び虫歯にならない形態」に戻すようにしています。

レーザーを使った虫歯治療も行なっています

レーザー治療歯科治療の新しい方法として注目されているものにレーザー治療があります。痛くない歯科治療を目指す当院では、このレーザーを虫歯治療にも活用しています。

現在、歯科医療には4種類のレーザーが利用されていますが、それぞれのレーザーには、使っていい範囲が決められています。まず、虫歯の治療にも使えるレーザーとそれ以外にしか使えないレーザーとに大きく分けられるのです。


当院が導入しているのは、外科的治療の際に使用する「 Nd:YAGレーザー(ネオジュームヤグレーザー)」と、4種類の中で唯一、歯を削ることが認可されている「Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)」の2種類で、虫歯治療に用いるのはEr:YAGレーザーです。

Er:YAGレーザーは、最も人に優しいレーザーです
Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)は、唯一、歯を削ることが認可されたレーザーで、水を併用するので、「痛みの発生が最も少ない」と評価されています。

生体組織の水分に対する反応が高く、発熱が少ないため、表面が黒く焦げるなど周囲の組織への影響がほとんどない、安全性の高いレーザー装置といわれています。

治療時は、虫歯の部分だけを取り除くことができるため、健全な部分を多く残すことができます。また、歯だけでなく歯周病など多くの治療に用いられています。


トップへ » 当院の特徴 » 痛みの少ない治療を心がけています


コールバック予約

PAGE TOP